[PR]

 専門学校のバンタンデザイン研究所などを展開するバンタンは、2020年4月にIT専門校「バンタンテックフォードアカデミー(VANTAN TECHFORD ACADEMY)」を開校すると発表した。

 同校では、プログラミングやウェブデザインだけでなく、企業や地方自治体が実際に抱えている課題をヒアリングし、IT技術を活用して解決を目指す「プロジェクト型授業」を毎日実施する。学生がチームを組み、企画・提案・開発までを全て行うことが特徴で、実務経験を積むことで、短期間では身につかないコミュニケーション力と企画力・マーケティング力を身に付け、即戦力となる人材を育成するとしている。

 プロジェクト型学習では、ウェブサイトや動画配信サービス、スマートフォン向け町おこしアプリ、商品在庫管理システムなど、企業や地方自治体が必要とするアプリやサービスを開発するという。実際の現場と同じように、要件定義から開発まですることで、在学中から実務経験を積むことが可能としている。

 講師は100%現役プロであることも特徴で、グリー取締役 上級執行役員 CTO 開発本部長の藤本真樹氏や、GMOべパポ取締役CTO セキュリティ対策室長 ペパボ研究所長の栗林健太郎氏などが講師を務める予定。また、生徒ごとのニーズに合わせて予習・復習ができるIT教育ツールも用意する。

 入学資格は、専門部満18歳以上、高等部15~18歳。入学試験は、AO入試、一般入試、学校推薦入試を用意する。通学形式は、専門部3年制、専門部2年制、高等部5年制、高等部3年制の4形式。募集定員は、専門部が70名、高等部が60名。

関連記事