[PR]

 フォトシンスとデジタルピアは12月5日、宿泊施設におけるキーレス体験を推進するため、Akerun入退室管理システムと顔認証システム「おもてなしマスター・スマートドア」での実証実験を開始したと発表した。愛媛県松山市道後温泉の大和屋本店に実験的に導入している。

 デジタルピアの旅館ホテル業向け業務ソフト「おもてなしマスター」とフォトシンスの「Akerun入退室管理システム」、NECの顔認証システムを組み合わせることで、宿泊者はチェックインから部屋の入退室、チェックアウトまでを顔認証でできるというもの。部屋の鍵を持ち歩く必要がなくなり、鍵の紛失などを防止する。

 実施期間は2020年2月27日まで。フロントでのチェックイン時に顔認証システムに顔を登録し、宿泊する部屋で、Akerun入室退管理システムを顔認証で解錠、チェックアウトの際は、フロントで顔認証にて清算できるとしている。

関連記事