[PR]

 世界の音楽市場はデジタルストリーミングを始めとする急速な変化に直面し、その背景にある「音楽×テック」の重要性は年々高まっている。そして、その未来を予測し、2017年から音楽特化型のアクセレータープログラムをスタートさせたTechstars Musicは、今や業界内において見逃せない存在と言えるだろう。

 また、Techstars Music主催で新進気鋭のスタートアップ企業が、投資家や音楽業界関係者たちにプレゼンテーションをするイベントであるDemo Dayは、言わば業界の未来を担うイノベーションを先物買いできる音楽×テックの見本市だ。

 Demo Dayは毎年春に、約100名のベンチャー投資家や300名以上の音楽・エンタメ関連のエグゼクティブたちを米・ロサンゼルスのNeuehouse Hollywoodに招待して開催される。しかし、第4回目となる2020年は、新型コロナウイルスの影響によって初のオンライン開催に変更。現地時間5月5日に”Virtual Demo Day”と題して、米・Billboard Proから全世界へ配信された。

 さらに今年初の試みとして、世界第2位の音楽市場を持ち、エイベックス、ソニー、レコチョクなどがTechstars Musicのメンバー企業として参加している日本向けに、Virtual Demo Dayの再配信が決定。5月22~31日までの期間限定で、動画が日本語字幕付きで公開された。

世界No.1のアクセラレーター「Techstars」とは?

 ベンチャーデータベース「Crunchbase」調べによると、Techstars(テックスターズ)は投資量で世界No.1のスタートアップアクセラレーターだ。2006年に米国で設立され、世界各地でアクセラレータープログラムを展開しながら5000名以上のファウンダーをネットワークしている。そのポートフォリオの時価総額は250億米ドル以上とされる。 

 Techstars Musicは2017年の設立以降、母体となるTechstarsの持つ巨大なネットワークやノウハウを生かして順調に成長。これまでに参加した30社のスタートアップは、海外の有数なベンチャーキャピタル(VC)やGAFA、大手音楽企業など、世界中の投資家から8800万米ドル以上の追加投資(資金調達)を受けることに成功している。

 たとえば、2017年度のプログラムに参加し、AI作曲システムの開発で音楽業界からの注目を浴びているスタートアップ「Popgun」は、シリコンバレーのトップVCの1つであるKhosla Venturesから出資を受けており、海外の投資家からの注目も高まっている。

日本からはエイベックスやソニー、レコチョクらが参画

 Techstars Musicnoのメンバー企業には、Warner Music Group、Concord Music、Bill Silva Entertainment、Peloton、Royalty Exchange、Q Prime Management、Entertainment One、そして日本からはエイベックス、ソニー、レコチョクなどが名を連ねている。

 それらのメンバー企業はTechstars Musicのファンド出資者であり、メンターとして試験的な機会を提供および助言することはもちろん、世界中を飛び回ってスタートアップの発掘にも協力している。

 今回のVirtual Demo Dayでは、2021年度のプログラムから「Amazon Music」が新たにメンバー企業として参加することが発表された。AmazonのAlexaファンドは、2018年のプログラム参加スタートアップで、カスタマイズされたヒーリングサウンドを自動生成するアプリを提供するドイツ・ベルリンのスタートアップ「Endel」に対して出資しているという。

 Techstars Musicは、毎年10社のスタートアップに対して12万米ドルずつを投資し、各スタートアップは春のDemo Dayに向けて、3カ月間さまざまなプログラムに挑戦する。その間、世界各地の音楽、テクノロジー、ベンチャー業界の300組以上からなるメンターとつながることができ、事業の成長や製品開発に役立てていく。その後は、各社の開発したプロダクトを持って10社各々がベンチャーのエコシステムに参入していく。

2020年のプログラムに参加した新進気鋭のスタートアップ4社

 ここからは、2020年のTechstars Musicによる3か月間のアクセラレータープログラムを終え、Virtual Demo Dayでプレゼンテーションを行った新進気鋭のスタートアップの中から注目の4社を紹介する。

◇音楽を軸としたバーチャル・アーティストを活用


 音楽を軸に独自のアイデンティティを持つバーチャルアーティストを制作するStrangeloop Studios。「Spirit Bomb」と呼ばれるバーチャルアーティストのレーベルを立ち上げ、さまざまなアーティストたちとのコラボレーションや楽曲制作を進めている。

 バーチャルアーティストを活用することによって、わずかなコストで販促用アセットとMVを作成し、ソーシャルメディアでのデビューや音楽配信、ライブイベントなどから収益を創出する。また、コンサートが主流の音楽業界において一夜にして複数の大手市場でライブをすることも可能だろう。

 Techstars Musicへ参加する前は、Kendrick Lamar、The Weeknd、Marshmelloなどのトップアーティストのライブビジュアル制作を手掛けており、すでにアーティストとの間に深いつながりを持っていることも同社の強みとなっている。

◇あらゆるクリエイティブなスキルをVR空間で体験


 TribeXRは、DJスキルを学ぶための体験型プラットフォームをVRで提供。このプラットフォームとVRヘッドセットさえあれば、デバイスに関わらずバーチャル空間内の仮装DJデッキを使って練習することができる。またスタジオに講師を呼んでのプライベートレッスンや他のユーザーとのコラボレーションも実現できる。

 すでに1万6000人以上のユーザーがこのサービスを使っており、現在もユーザー数が堅調に増加中。今後は楽器演奏やダンス、演技、ファッションデザインといったさまざまな領域でスキルを学びたいユーザー向けに、2024年をめどに15種のスキルへの拡大を目指す。

◇バーチャルグッズ×アーティストで収益を創出


 バーチャルグッズを通じてアーティストとのエンゲージメントを高める仕組みに取り組むFanaply。2019年のコーチェラ・フェスティバルでは公式デジタルコレクティブルパートナーとして、フェス公式アプリを通じて4万個以上のアイテムが収集される結果を残し、2020年のコーチェラにも参加予定。

 Fanaplyはバーチャルグッズによってアーティストやセレブリティなど、1人につき5万米ドルから25万米ドルの収益を創出できると推定。また、新型コロナウイルスの影響で延期されたライブイベントとの連携も視野に入れているという。

◇ゲーム向けサウンドにおける収入源を拡張


 これまでは別のプラットフォームへの移行や、新しい開発環境でやり直す必要のあったビデオゲーム向けの複雑なサウンドプロダクションを簡素化する技術を提供するElastic Audio。同社のサブスクリプションサービスを活用することで、リアルタイムなサウンド制作・編集が可能となり、さらにあらゆるプラットフォーム、エンジン、ツールでも応用ができる。

 サウンドクリエイターやオーディオデザイナーの労力や費用を大幅に削減するとともに、新たな収入源を拡張。将来的には映画やアニメーション、AR/VRなどでのサウンド制作も目指す。

音楽市場の堅調な成長と日本の「音楽×テック」企業への関心

 音楽業界団体・IFPIのレポートによると、世界の音楽マーケットは過去5年連続して成長を続けており、2019年は前年対比8.2%の成長、全体の売上高は202億ドルに達した。これは新たな音楽テクノロジーが生み出した、Spotifyなどを筆頭とするサブスクリプション型の音楽ストリーミングの消費マーケットが急速に伸びていることにもけん引されている。

 音楽市場の将来的な成長を背景に、日本からTechstars Musicへの応募企業も近年増加している。2019年のプログラムには日系のエンタメAIスタートアップ「Embodyme」がプログラムに参加。同年のプログラムの中でトップクラスの成績を収め、日系VCなどからの出資を受けたことも話題となった。

 2020年のDemo Dayが日本で再配信されたことはTechstars Musicが日本の音楽市場に注目していることの現れであり、その期待を受けて日本においても音楽×テックの動きはますます加速していくことだろう。

関連記事