[PR]

 Donald Trump米大統領による米国時間5月26日のツイートに対し、Twitterは「Get the facts about mail-in ballots」(郵送投票に関する事実を確認する)のラベルを追加した。「投票手続きに関して誤解を招くおそれがある情報」を含んでいるためだ。これは異例の対応であり、ソーシャルメディア企業のTwitterが誤報を取り締まる姿勢を強化していることを示すものだ。

 TwitterがTrump大統領のツイートにラベルを追加したのは今回が初めて。

 Trump氏が26日、「郵送投票が事実上の不正にならない可能性はない(ゼロ!)」とツイートすると、この主張の虚偽をファクトチェッカーや報道機関が暴いていった。

 このツイートの下に表示されたラベルをクリックすると、郵送投票と不正投票を結びつける同氏の主張に根拠がないとファクトチェッカーが判断したことを説明するページに移動する。

 Twitterの広報担当者は声明で、この決定はTwitter上の誤情報に関する同社の対処方針に沿うものだとし、それにはツイートがもたらし得る損害の可能性に応じて注意喚起とラベルを追加することが含まれると説明した。

 Trump氏は自身のツイートにラベルが付与されたことを受け、Twitterが2020年の米大統領選を妨害しているとツイート。さらに「Twitterは言論の自由を完全に阻害しており、私は大統領としてこのようなことを二度と認めない!」と主張した。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

関連記事