メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

Microsoft Build 2017

米シアトルで、マイクロソフトの開発者会議「Build2017」が開かれた。今回のBuildは内容がきわめて豊富で、生まれ変わったマイクロソフトの姿を鮮烈に印象づけた。人工知能が活躍する未来を悪夢のようなものにしないという強い意思を表明した会議を、数々の写真で振り返る。(写真・西田宗千佳)[関連リンク

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

購入・利用について(おわけできない写真もあります)

  • 米マイクロソフトのサティア・ナデラCEO。機器連携や人工知能(AI)の進歩による変化の素晴らしさをアピールしつつも、「未来をディストピアにしないのは我々の責任」とも語る

  • 世界では、ウィンドウズ10が搭載された機器が5億台、オフィス365を使っている人が毎月1億人いる。そして、音声応答AIであるコルタナの利用者も、毎月1.4億人にまで増加している

  • 企業側の製造機器にIoT(物のインターネット)としての機能を持たせ、クラウドで連携して動作状況・効率を管理。動作データをAIで解析し、最適な稼働状況になるように機器側を制御することもできる

  • 企業側の製造機器にIoT(物のインターネット)としての機能を持たせ、クラウドで連携して動作状況・効率を管理。動作データをAIで解析し、最適な稼働状況になるように機器側を制御することもできる

  • ステージ上に作業場を模した部屋を作ってデモを展開。映像認識により、備品の位置や作業している人員を把握する。備品の位置が変わってももちろん把握する。不審人物の侵入などの異常事態も感知し、担当者のスマホに

  • ステージ上に作業場を模した部屋を作ってデモを展開。映像認識により、備品の位置や作業している人員を把握する。備品の位置が変わってももちろん把握する。不審人物の侵入などの異常事態も感知し、担当者のスマホに

  • ステージ上に作業場を模した部屋を作ってデモを展開。映像認識により、備品の位置や作業している人員を把握する。備品の位置が変わってももちろん把握する。不審人物の侵入などの異常事態も感知し、担当者のスマホに

  • ステージ上に作業場を模した部屋を作ってデモを展開。映像認識により、備品の位置や作業している人員を把握する。備品の位置が変わってももちろん把握する。不審人物の侵入などの異常事態も感知し、担当者のスマホに

  • 今回のマイクロソフトの発表方針を示す図。人々が様々なデバイスを使って活動する世の中で、それらの複雑な関係をクラウドとAIでつなぐことで、より円滑な生活ができるようにすることを狙う

  • マイクロソフトもスマートスピーカー(左下の円筒形のデバイス)に参入。IoT向けウィンドウズ10を使い、コルタナで応答。クラウドでスケジュールやメールなどと連携する

  • デバイス連携はスマホを介して自動車の中にも。リビングではスマートスピーカー、オフィスではPC、そして移動中はスマホで自然な連携が可能になりつつある

  • デバイス連携はスマホを介して自動車の中にも。リビングではスマートスピーカー、オフィスではPC、そして移動中はスマホで自然な連携が可能になりつつある

  • マイクロソフトの今年の発表事項は、この図に集約されている。「マイクロソフト・グラフ」という技術を使って、デバイスやサービスをまたいで連携し、そのデータをAIで解析し、人の生活に役立てることを狙う

  • マイクロソフトは自社のAI技術を「マイクロソフトのAIは人の知性を拡張するもの」と位置づけている

  • マイクロソフトAI部門のトップである、アーティフィシャル・インテリジェンス&リサーチ担当上級副社長のハリー・シャム氏。「マイクロソフトのAIは人の知性を拡張するもの」と繰り返した

  • マイクロソフトはAIを、文字ベース(CUI)、グラフィカルなマウス操作(GUI)に続く、第三の大きな変化に位置づける

  • 英語での音声認識の精度は、誤認識率5.8%。人間の場合で平均5.9%以上なので、これを超えたことになる

  • マイクロソフト・トランスレーターを使い、スペイン語の音声を認識し、そこから英語へ翻訳し、パワーポイントの上に表示するデモが行われた

  • マイクロソフト・トランスレーターを使い、スペイン語の音声を認識し、そこから英語へ翻訳し、パワーポイントの上に表示するデモが行われた

  • マイクロソフトのAIによる画像認識エンジンを使い、自分たちが必要とする種類の画像を認識しやすくするため、チューニングする機能も公開。企業などで利用する場合の使い勝手が増す。学習は画像を読み込ませて種別

  • 米マイクロソフト ウィンドウズ&デバイセズ担当上級副社長のテリー・マイヤーソン氏。これからのPC向けウィンドウズの進化についてプレゼンテーションを行った

  • 秋に行われる、次のウィンドウズ10の大型アップデートは「フォール・クリエーターズ・アップデート」。個人の創造性を拡張する、という意味で「クリエーターズ」という名前がついている

  • フォール・クリエーターズ・アップデートに付属する新動画編集ソフト「ストーリー・リミックス」。AIによる画像認識・人物認識が大胆に利用されており、動画内の人を手書きの文字が追いかけたり、特定の人物を認識

  • フォール・クリエーターズ・アップデートに付属する新動画編集ソフト「ストーリー・リミックス」。AIによる画像認識・人物認識が大胆に利用されており、動画内の人を手書きの文字が追いかけたり、特定の人物を認識

  • フォール・クリエーターズ・アップデートに付属する新動画編集ソフト「ストーリー・リミックス」。AIによる画像認識・人物認識が大胆に利用されており、動画内の人を手書きの文字が追いかけたり、特定の人物を認識

  • 「ストーリー・リミックス」はウィンドウズ以外にも、iOSやアンドロイドにも提供され、スマホで撮影・編集した映像をPCと自由に連携できる

  • マイクロソフトがこれからのアプリデザインとして公開した「Fluent Design System」。今後のウィンドウズやマイクロソフト製スマホアプリなどでは、このデザインモチーフが使われていく

  • マイクロソフトがこれからのアプリデザインとして公開した「Fluent Design System」。今後のウィンドウズやマイクロソフト製スマホアプリなどでは、このデザインモチーフが使われていく

  • マイクロソフトがこれからのアプリデザインとして公開した「Fluent Design System」。今後のウィンドウズやマイクロソフト製スマホアプリなどでは、このデザインモチーフが使われていく

  • マイクロソフトがこれからのアプリデザインとして公開した「Fluent Design System」。今後のウィンドウズやマイクロソフト製スマホアプリなどでは、このデザインモチーフが使われていく

  • マイクロソフトがこれからのアプリデザインとして公開した「Fluent Design System」。今後のウィンドウズやマイクロソフト製スマホアプリなどでは、このデザインモチーフが使われていく

  • 米マイクロソフト  オペレーティング・システム・グループ副社長のジョー・ベルフォア氏。ウィンドウズのデバイス連携などについて発表した

  • ウィンドウズ10の秋の大型アップデート「フォール・クリエーターズ・アップデート」では、スマホなど他のデバイスとの連携が大幅に強化される。iPhoneにもアンドロイドにも対応することから「すべてのあなた

  • ウィンドウズ10の秋の大型アップデート「フォール・クリエーターズ・アップデート」では、スマホなど他のデバイスとの連携が大幅に強化される。iPhoneにもアンドロイドにも対応することから「すべてのあなた

  • 機器上で作業した内容を時系列で覚える「タイムライン」機能。マイクロソフトのクラウド上に記録されるため、機器をまたいで作業の続きが可能になる

  • 機器上で作業した内容を時系列で覚える「タイムライン」機能。マイクロソフトのクラウド上に記録されるため、機器をまたいで作業の続きが可能になる

  • 機器上で作業した内容を時系列で覚える「タイムライン」機能。マイクロソフトのクラウド上に記録されるため、機器をまたいで作業の続きが可能になる

  • 「フォール・クリエーターズ・アップデート」では携帯電話連携が強化される。コントロールパネルに「Phone」という項目が追加され、作業内容やファイルなどを引き継ぐことができる

  • 「フォール・クリエーターズ・アップデート」では携帯電話連携が強化される。コントロールパネルに「Phone」という項目が追加され、作業内容やファイルなどを引き継ぐことができる

  • コピーといえば同じ機器の間でのみできるものだったが、その常識が変わる。クラウドを介することで、パソコンでコピーしたものをスマホに貼り付けることも可能に

  • コピーといえば同じ機器の間でのみできるものだったが、その常識が変わる。クラウドを介することで、パソコンでコピーしたものをスマホに貼り付けることも可能に

  • ウィンドウズ10のクラウド連携は、「マイクロソフト・グラフ」という技術を軸に展開される。これはグラフ作成ソフトではなく、人の関係性を使って作業を円滑化するための技術

  • 2017年中に、iTunesがウィンドウズ・ストアに。アプリ更新が簡単になる。ウィンドウズ・ストアでの活性化を狙った施策のひとつ

  • オートデスク社の「スティングレイ」という技術が、ウィンドウズ・ミックストリアリティーに対応。工場内のシミュレーションなど、産業用途に活用が考えられている

  • オートデスク社の「スティングレイ」という技術が、ウィンドウズ・ミックストリアリティーに対応。工場内のシミュレーションなど、産業用途に活用が考えられている

  • 7年前にマイクロソフト社内でホロレンズが最初にデモされた時の写真。手の上で踊るエビのアニメーションが表示されたという

  • ホロレンズおよびウィンドウズ・ミックストリアリティーの開発リーダーであるアレックス・キップマン氏

  • マイクロソフトのミックストリアリティー製品。手前がホロレンズで、奥の三つが「イマーシブ(没入型)デバイス」と呼ばれる、パソコンと接続して使うもの。左から、レノボ、HP、エイサーのもの

  • ウィンドウズMR用のハンドコントローラーが登場。年末にエイサー製のヘッドマウントディスプレー(HMD)とセットで399ドルで販売予定

  • ウィンドウズMR用のハンドコントローラーが登場。年末にエイサー製のヘッドマウントディスプレー(HMD)とセットで399ドルで販売予定

  • ウィンドウズMR用のハンドコントローラーが登場。年末にエイサー製のヘッドマウントディスプレー(HMD)とセットで399ドルで販売予定

  • ウィンドウズMR用のハンドコントローラーが登場。年末にエイサー製のヘッドマウントディスプレー(HMD)とセットで399ドルで販売予定

  • ウィンドウズMR用のハンドコントローラーが登場。年末にエイサー製のヘッドマウントディスプレー(HMD)とセットで399ドルで販売予定

  • マイクロソフトのミックストリアリティーは、現実にシースルーで重ねる「ホロレンズ」、パソコンでの環境、そして来年にはゲーム機へと広がる

  • 世界的アーティスト集団シルク・ドゥ・ソレイユを例に、ホロレンズの機能を説明。なにもない壇上にCGで仮想のステージを作り、実際に作り込む前に上演時のイメージを把握できる

  • 世界的アーティスト集団シルク・ドゥ・ソレイユを例に、ホロレンズの機能を説明。なにもない壇上にCGで仮想のステージを作り、実際に作り込む前に上演時のイメージを把握できる

  • エイサー製のウィンドウズMR用HMD。非常に軽い。開発者版で299ドルと他社製品より安価でありながら、精度・画質ともに良好。センサーを外部に置く必要がないので、設定が簡単なのも利点。年末に個人版が登場

  • エイサー製のウィンドウズMR用HMD。非常に軽い。開発者版で299ドルと他社製品より安価でありながら、精度・画質ともに良好。センサーを外部に置く必要がないので、設定が簡単なのも利点。年末に個人版が登場

  • エイサー製のウィンドウズMR用HMD。非常に軽い。開発者版で299ドルと他社製品より安価でありながら、精度・画質ともに良好。センサーを外部に置く必要がないので、設定が簡単なのも利点。年末に個人版が登場

  •  
PR情報
今、あなたにオススメ(PR)

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】丹波篠山城が堅牢なわけ

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&TRAVEL】網走「監獄定食」って?

    冬の北海道を旅して

  • 写真

    【&M】アメリカ西海岸をドライブ

    娘と二人で写真撮影旅行

  • 写真

    【&w】布の手仕事を未来に伝えたい

    人もまた花なり

  • 写真

    好書好日卒園シーズンにぴったり

    絵本「そしておめでとう」

  • 写真

    論座ミャンマー、催涙弾の異臭

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンコンプレックスを払拭する

    ビジネスパーソンの開運美容

  • 写真

    Aging Gracefullyユーモアたっぷりの日常

    鈴木保奈美さん初のエッセー集

  • 写真

    GLOBE+パレスチナの食が危ない

    占領政策で消えていく文化

  • 写真

    sippo17年共に過ごした猫が逝く

    別れのとき、鼻先や耳をなでた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ