メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ベテルギウスが謎の膨張 40年で直径2〜3倍に

写真:ベテルギウス拡大ベテルギウス

 【福島慎吾】オリオン座の1等星「ベテルギウス」が、30〜40年前より直径が2〜3倍にふくらんでいる可能性があることが、北見工大などの観測でわかった。地球から約600光年。近く爆発する兆候との見方もあるが、詳しい原因は謎だという。10日に仙台市で始まった日本天文学会で発表する。

ベテルギウスって?(コトバンク)

 北見工大の三浦則明教授らが、西はりま天文台(兵庫県佐用町)にある「なゆた望遠鏡」を使い、年老いた星の表面に増える酸化チタンを見ることができる特殊な方法で観測。地球の大気のゆらぎを、特殊な統計処理で取り除き、高い解像度でベテルギウスを撮影することに成功した。

 その結果、ベテルギウスの形は楕円(だえん)形にゆがみ、1970〜80年代の記録と比べると、直径が2〜3倍になっていたという。

 三浦教授は「詳しいことはわからないが、この40年の間に何かが起きたことは確か」と話す。今後も観測を続けるという。

最新トップニュース

PR情報

検索フォーム

おすすめ

向井千秋さんのパートナー、万起夫さんの眼から見た宇宙飛行士向井千秋とは?

日本人宇宙飛行士の野口聡一さんの著作品を集めました。

注目コンテンツ