メニューを飛ばして本文へ

【特別展覧会】天竺へ〜三蔵法師3万キロの旅〜

会期:
平成23年7月16日(土)〜8月28日(日)
会場:
奈良国立博物館
ここから本文

見どころ

 唐の初め、仏法を求めてはるばるインドへと旅立った玄奘三蔵。17年あまりに及んだ苦難の旅路の末、インドから中国にもたらした数多くの経典は、玄奘自らの手で漢訳され、東アジア仏教発展の大きな礎となりました。この偉大なる高僧の伝記『大慈恩寺三蔵法師伝』をもとに制作されたのが、財団法人藤田美術館が所蔵する国宝「玄奘三蔵絵」です。長大な画面の中に玄奘の多岐にわたる事績を巧みに展開する構成力、精緻な筆致でいきいきと描き出される人物、良質な顔料を用いて美しく彩られる山水など、鎌倉時代の宮廷絵所が生み出したやまと絵様式の最も完成した姿を現在に伝えてくれます。

 本展覧会は、わが国における高僧伝絵巻の傑作として名高い国宝「玄奘三蔵絵」全12巻を同時公開する初めての試みです。各巻15メートルを超える長大な絵巻のため、前期(7/16〜8/7)に全12巻の各巻前半部を、後期(8/9〜8/28)に各巻後半部を巻替えで展示し、前期と後期を通じて全場面をご覧いただけるまたとない機会となります。この魅力あふれる絵巻の全貌を通じて、玄奘が東アジア仏教史上に残した偉大な足跡を身近に知っていただくとともに、そのインド求法に捧げた旅の事績が、『西遊記』という大人から子供まで広く親しまれる物語へと変貌を遂げるまでの道のりも紹介します。



GoUpToThisPage
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
| asahi.com | 朝日新聞社会社案内 | 朝日新聞社のイベント情報 | 個人情報 | 著作権 | リンク | 新聞広告ガイド | Web広告ガイド | お問い合わせ・ヘルプ |
asahi.com に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission