現在位置:
  1. asahi.com
  2. トピックス
  3. 社会
  4. 記事

スカイツリー

  • 写真
  • 関連リンク
  • 関連用語

写真:北十間川の東武橋から東京スカイツリーを眺める人たち=墨田区業平1丁目

北十間川の東武橋から東京スカイツリーを眺める人たち=墨田区業平1丁目

解説

スカイツリーとは

 東京都墨田区押上に建設中の観光電波塔。正式名称は「東京スカイツリー」。2012年5月22日に開業を予定している。高さ634メートル。世界一の電波塔となる。名称は08年6月、公募で決まった。

 当初は2011年12月に完成を予定していたが、東日本大震災による資材不足で工事の完成が2カ月遅れて2012年2月末となった。スカイツリーはNHKと在京民放5局が利用。事業主体は東武タワースカイツリーと東武鉄道。総事業費は650億円。10年12月1日に高さが500メートルを突破、11年3月1日午後1時29分には高さ600メートルを超え、中国広東省の広州タワー(600メートル)を追い抜き、ワイヤで支えない電波塔としては世界一の高さになった。

 当初は高さ610メートルの予定だったが、中国・広州のテレビ塔が610メートル前後になるため、09年秋、アンテナを予定より24メートルほど伸ばすことにした。「634」は東京近郊の旧国名「武蔵」(むさし)の語呂合わせともいう。条件さえ良ければ75キロ先まで見通せる計算で、視界は関東平野、東京湾、浦賀水道の先まで達するという。

 スカイツリーにはプラネタリウムや水族館、商業施設「東京ソラマチ」、31階建てオフィスビルが併設され、「東京スカイツリータウン」としてオープンする。東京ソラマチは約5万2千平方メートルにファッションや雑貨、スイーツなど約310店が入る。地元の墨田、台東区からは約店が出店。西側の東武線業平橋駅は「とうきょうスカイツリー駅」に改称。東側は押上駅とつながる。

 スカイツリーの入場料は大人(18歳以上)が第1展望台(350メートル)まで2千円。第2展望台(450メートル)まで行くと3千円。中学・高校生は1500円と2300円▽小学生は900円と1400円▽4歳以上の幼児600円と900円、3歳以下は無料。(アサヒ・コム編集部)

解説文は11年6月8日更新

kotobankで「スカイツリー」を調べる

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介