現在位置:
  1. asahi.com
  2. トピックス
  3. ビジネス
  4. 記事

iPad

  • 写真
  • 関連リンク
  • 関連用語

写真:電子書籍機能が注目されるiPad=4日、ニューヨーク市内、山川一基撮影

電子書籍機能が注目されるiPad=4日、ニューヨーク市内、山川一基撮影

解説

iPad(アイパッド)とは

 米アップルのタブレット端末。2010年4月に発売された米国では100万台以上が売れる人気商品。日本では出荷が追いつかず、予定から1カ月遅れて5月28日に発売された。キーボードはなく、同社の携帯電話「iPhone(アイフォーン)」のように画面に指で触れて操作する。9.7インチの液晶画面、縦24.3センチ、横19.0センチ、厚さ1.3センチ、重さ680グラム。無線LANでネットにつなぎ、書籍や新聞をダウンロードできるほか、ネットサイトの表示、メール、ビデオ、音楽、ゲームなども楽しめる。すでに同社の携帯端末iPhone用に販売されている15万個以上のアプリケーションが使え、最も安い機種は499ドル(記憶容量16ギガバイト)。(アサヒ・コム編集部)

続きを読む

 電子書籍端末はソニーが2006年、米国で「リーダー」を発売して先陣を切った。次いで米ネット通販最大手アマゾンが07年に発売した「キンドル」がヒットし、2社で市場をほぼ分け合ってきた。

 2製品は、ダウンロードするものを書籍と新聞にほぼ特化しているため、白と黒の粒子を電圧で動かして表示する「電子ペーパー方式」を採用。省電力で長時間読んでも疲れにくいように工夫した。一方、iPadは多機能を生かすため、小型パソコンと同様のカラー液晶を採用している。

 米調査会社アイサプライは、iPadの世界販売台数は10年に700万台、12年には2千万台に達するとみている。

 画面にタッチするだけで、音楽を聴き、メールを送受信し、映像を見たり、新聞や書籍などの電子ペーパーを読んだり、といったメディア探索が縦横無尽にできる。

解説文は11年4月27日更新

kotobankで「iPad」を調べる

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介