メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

「酷道」をいく

山あい・海沿い……全国に点在する狭く険しい「酷道」。記者が走った国道や、道にまつわる話題をまとめました。

【前編】心折れそう?「酷道」を記者が走る 迫る崖、最難所は(2018/1/5)

道幅が狭くて険しい道を指す「酷道」。ネットでも有名な「日本三大酷道」の一つ、国道425号を走ってみた。[続きを読む]

【後編】さびた看板に国道誕生秘話 「酷道」で見た人々の暮らし(2018/1/6)

「酷道」と揶揄される国道425号。沿道に点在する集落の暮らしはどんなものだろうか。そこに住む人々に出会い、見えたものとは。[続きを読む]

写真・図版

国道に魅せられて…32万キロ走破、愛好家が語るロマン (2018/1/5)

国道なのに、道幅が狭いなど通行が困難で「酷道(こくどう)」と揶揄(やゆ)される道。その魅力はどこにあるのでしょうか。国道の愛好家として知られ、「国道者」「ふしぎな国道」といった著書がある佐藤健太郎さん(47)に話を聞きました。 ――自ら本…[続きを読む]

写真・図版

国道339号、日本唯一の「階段国道」 観光名所に(2018/1/5)

青森県の弘前市と外ケ浜町を結ぶ国道339号(総延長125・1キロ)は、ルートの一部が階段になっている。津軽海峡を望む外ケ浜町にあり、その段数は362段。もちろん車は走れないが、れっきとした国道だ。 ……[続きを読む]

withnewsでも「酷道」特集

写真・図版

「落ちたら死ぬ」酷道157号で見たものは…「もう勘弁してくれ!」 (2017/9/1)

全国各地に酷道がひしめく中でも、「落ちたら死ぬ!!」の看板があることで有名な福井県と岐阜県を結ぶ国道157号の一部区間。「絶対にすれ違えない」幅員での連帯感。気づけば崖まであと5センチ。その走り心地は酷道の名に恥じないものでした。…[続きを読む]

【動画】「酷道」っぷり想像以上 国道157号(2017/7/4)

「酷道」。全国の都道府県庁所在地などを結ぶ主要な道にもかかわらず、くねくねと曲がって対向車とすれ違うのも大変な国道はときに、同じ読み方からそう表現される。国道157号の福井県大野市と岐阜県本巣市を結ぶ区間は、想像以上の「酷道」だった。[続きを読む]

みちのものがたり

写真・図版

(みちのものがたり)酷道291号 新潟県、群馬県 雪と密林に埋もれた国家事業 (2017/6/24)

もう、うんざりだった。 新潟県南魚沼市の山中、標高780メートル付近。国道291号をたどり、群馬県境へ向けて歩いているはずなのに、30分は前後左右、上下、あらゆる方向から生い茂る草木をかき分けていた。まるで密林の海を潜っているようで、あて…[続きを読む]

写真・図版

【アーカイブ】「酷道」抜けると…暗峠から見えた夜景 (2018/1/1)

【2014年12月3日 大阪本社夕刊be4面「まだまだ勝手に関西遺産」】 東大阪市と奈良県生駒市の境に、「暗峠(くらがりとうげ)」がある。標高455メートル。木がうっそうとして昼でも暗いから、そんな名前がついたらしい。 急坂の最大斜度は37…[続きを読む]

ニュース一覧

ニュース特集

「&」おすすめコラム

  • 城旅へようこそ/

    城旅へようこそ

    城郭ライターの萩原さちこさんが、日本各地の名城の歴史とみどころを解説します。

  • 京都ゆるり休日さんぽ/

    京都ゆるり休日さんぽ

    「暮らすように」「小さな旅に出かけるように」。自然体の京都を楽しむ、ゆるり散歩へご案内します。

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ