メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

あの日の暮らし

戦後70年に合わせ、戦争の足音が近づく時代から戦後復興するまでの市民の暮らしぶりを、朝日新聞社が所蔵する写真で振り返ります。

写真・図版

モンペや幻の「標準服」… 婦人服が語る戦前戦中(2015/12/4)

戦前から戦中にかけて、女性たちはどんな服をどんな思いで着ていたのだろうか。朝日新聞社に残る写真から服の変遷を読み解くと、物資が乏しく制約がある中でも、機能性や見栄えを考えて服を選んでいた姿が見えてきた。(佐藤慈子) 戦前に大流行した服と言えばかっぽう着。1932年に大阪の主婦の声がけで組…[続きを読む]

朝日写真フォトアーカイブ

朝日新聞社が所蔵する戦中、戦後の子どもたちの写真をもとに、朝日放送(ABC)は紙芝居に夢中になった1人の男性の記憶をたどり、平和を見つめ直す番組を制作しました。戦後、子どもだった自分たちを笑顔にしてくれた紙芝居の魅力が忘れられず、紙芝居を始めた近藤博昭さん(75)。紙芝居から伝わる平和の尊さを信じる近藤さんのメッセージをご覧下さい。

戦後70年関連ページ

ヒロシマ カメラの証言

「ビジュアル年表」戦後編

  • 日本の戦争と戦後の歩み・年表

  • 解説

  • 広島・長崎の記憶

  • 核といのちを考える

写真

  • 今里車庫から大阪市電創業50周年記念の花電車パレードに出発する2階建て電車=1953年10月、大阪市内
  • 第1回採用試験で、体育館の床で書類に記入する受験者たち=1950年8月
  • 廃車になったバスが住宅代わりに使われた=1949年12月、大阪市
  • シベリアからの引き揚げ船が入港する舞鶴港で、肉親を捜す人たち=1948年5月、京都府舞鶴市
  • 給食が始まり、笑顔で食べる子どもたち=1947年1月、大阪・曽根崎国民学校
  • 駐屯地になった学校から、通りかかる日本人に親しげに声をかける進駐軍兵士=1945年9月
  • 防空頭巾をかぶって初詣をする人たち=1945年1月1日、大阪市の生国魂神社
  • 溶接作業をする女性たち=1944年10月
  • 町のシンボルだったスズラン灯も取り外された=1942年10月7日、神戸市
  • 戦後70年あの日の暮らし
  • 大阪市の中心部の交差点付近にできた防空壕=1941年3月
  • パーマ自粛を求めるビラを渡された女性(中央)=1940年8月、大阪市
  • 朝日新聞社主催の戦車大展覧会。装甲車両約60両が御堂筋を南下した=1939年2月13日、大阪市
  • 竹の棒を鉄砲に見立て、構える子どもたち=1937年9月、神戸市
  • チンパンジー「リタ」を先頭に、動物に扮した子どもたちが山車を引いた=1935年4月8日、大阪市
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】スマホと一眼のいいとこ取り

    人気の1インチデジカメ

  • 写真

    【&TRAVEL】元大統領料理番が監修

    海上のグルメワールド〈PR〉

  • 写真

    【&M】つみたてNISAを学ぼう

    「草食投資隊」イベント開催!

  • 写真

    【&w】可愛いだけじゃないんです

    必死すぎるネコ

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「リベラル」とは何か

    保守との対立の基本構図

  • 写真

    WEBRONZAみんなが嫌いな検査・評価

    常態化する検査不正の背景

  • 写真

    アエラスタイルマガジン靴と鞄は、大人の装いの要諦

    ピエール アルディの靴と鞄

  • 写真

    T JAPAN世界への警鐘を鳴らし続ける

    トレヴァー・パグレンのアート

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ