メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

いわき市

関連キーワード

  • いわき市の老人介護施設の火災(2009年01月29日 朝刊)

    昨年12月26日午後10時すぎ、高齢者8人が宿泊していた「ROSE倶楽部粒来」の1階から出火。火災に気付いた夜勤の職員1人は3人を避難させたが、煙が充満して5人が逃げ遅れ、このうち2人が死亡した。

  • 常磐炭田をめぐる集団訴訟(2008年07月15日 朝刊)

    常磐炭田はかつて、北海道、筑豊(福岡県)と並び三大炭田地帯と呼ばれ、最盛期は数万人が働いたが、エネルギー消費が石油主体に移り、76年に全面閉山した。84年、最大手の常磐炭鉱(現常磐興産)で働いていたじん肺患者1人が同社に損害賠償を求めて提訴。85年に福島県いわき市周辺、90年に北茨城市周辺の炭鉱労働者が相次いで同社を相手に集団訴訟を起こした。いずれも96年までに和解し、賠償金を受け取った。だが、中小の炭鉱企業の労働者は、会社倒産などで補償を受けられずにいた。04年4月、筑豊炭田のじん肺訴訟で、最高裁は「通産相(当時)が監督権限を適切に行使すれば、被害を相当程度防ぐことができた」と初めて国の賠償責任を認めた。これを受け、常磐炭田の中小炭鉱の労働者が06年4月、国に賠償を求めて提訴していた。

  • 救急医療(2008年11月13日 朝刊)

    軽症患者を診療する1次救急、手術や入院が必要な患者が対象の2次救急、重篤患者を診る3次救急がある。双葉郡では1次を開業医、2次を今村、大野、西、双葉厚生の4病陰3次をいわき市の総合磐城共立病院が担っている。

最新ニュース

「太平洋・島サミット」福島で開催へ(2017/1/18)

 太平洋の島国の首脳を3年に1回日本に招く「太平洋・島サミット」の閣僚会合が17日、東京都内であった。気候変動問題などでの連携を確認したほか、2018年5月のサミットを福島県いわき市で開催することを決[続きを読む]

いわき市をコトバンクで調べる

写真

  • 合併に向けて話し合うため、各漁協の幹部らが集まった=いわき市
  • 試験操業でとれた魚が並んだ=いわき市中央卸売市場
  • 毎週火・土曜日に開かれている「よこはま学習室」=横浜市西区
  • ヒラメの年齢を調べる水産試験場の職員=いわき市
  • 大漁旗を掲げて「出初め」の儀式に臨んだ漁船=いわき市久之浜
  • 式終了後、写真撮影をする浪江町の新成人たち=二本松市
  • 仮設住宅で開かれた「双葉ダルマ市」に多くの人が訪れた=いわき市
  • 高野病院の診療体制について話し合った緊急対策会議=広野町
  • 高野病院=福島県広野町
  • サックスを演奏する板倉健太さん=福島県いわき市
  • 民泊先の女性がつくった朝食を食べる、上海から旅行に来た中国人の一家。男性は「子どもが小さいので、ホテルより広い部屋が落ち着く」と話す=東京都内
  • 民泊先の女性がつくった朝食を食べる、上海から旅行に来た中国人の一家。男性は「子どもが小さいので、ホテルより広い部屋が落ち着く」と話す=2016年12月、東京都内

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】遊びも仕事も!

    極薄winタブレット

  • 【&TRAVEL】リーズナブルに旅をする

    ちょっとした工夫〈PR〉

  • 【&M】チョコレートと脳の関係

    若返り効果のメカニズムを解明

  • 【&w】「紳士な男性」に贈るチョコ

    ホテルオークラ東京〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム門井慶喜が二条城を訪ねる

    「寂しいといえば寂しい」

  • WEBRONZA再現できない実験が多い現実

    科学研究者たちに強い危機感

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ