メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

いわき市

関連キーワード

  • いわき市の老人介護施設の火災(2009年01月29日 朝刊)

    昨年12月26日午後10時すぎ、高齢者8人が宿泊していた「ROSE倶楽部粒来」の1階から出火。火災に気付いた夜勤の職員1人は3人を避難させたが、煙が充満して5人が逃げ遅れ、このうち2人が死亡した。

  • 常磐炭田をめぐる集団訴訟(2008年07月15日 朝刊)

    常磐炭田はかつて、北海道、筑豊(福岡県)と並び三大炭田地帯と呼ばれ、最盛期は数万人が働いたが、エネルギー消費が石油主体に移り、76年に全面閉山した。84年、最大手の常磐炭鉱(現常磐興産)で働いていたじん肺患者1人が同社に損害賠償を求めて提訴。85年に福島県いわき市周辺、90年に北茨城市周辺の炭鉱労働者が相次いで同社を相手に集団訴訟を起こした。いずれも96年までに和解し、賠償金を受け取った。だが、中小の炭鉱企業の労働者は、会社倒産などで補償を受けられずにいた。04年4月、筑豊炭田のじん肺訴訟で、最高裁は「通産相(当時)が監督権限を適切に行使すれば、被害を相当程度防ぐことができた」と初めて国の賠償責任を認めた。これを受け、常磐炭田の中小炭鉱の労働者が06年4月、国に賠償を求めて提訴していた。

  • 救急医療(2008年11月13日 朝刊)

    軽症患者を診療する1次救急、手術や入院が必要な患者が対象の2次救急、重篤患者を診る3次救急がある。双葉郡では1次を開業医、2次を今村、大野、西、双葉厚生の4病陰3次をいわき市の総合磐城共立病院が担っている。

最新ニュース

廃炉作業後に30代男性死亡 福島第一、熱中症か(2015/08/04)

 東京電力は3日、福島第一原発で廃炉作業にあたっていた協力企業の30代男性が、1日の作業後に死亡していたと発表した。熱中症の可能性があり、作業との因果関係を調べている。 東電によると、男性は1日の朝礼[続きを読む]

いわき市をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 県知事賞に輝いた郡山市立郡山第三=郡山市民文化センター
  • 「ちいさなセカイ」から=滋賀県彦根市、長浜スタジオ提供
  • 検察審査会の議決公表を受け、地裁前で旗を掲げる(右から)河合弘之弁護士、福島原発告訴団長の武藤類子さん、海渡雄一弁護士ら=31日午後、東京・霞が関、池永牧子撮影
  • 左から松永明香里さん、高橋なおみさん。アルトサックスを吹く双葉翔陽の本多克至顧問と、富岡の志賀友加里顧問(右)も練習を支える=いわき市のいわき明星大
  • 「次は君」。大友良英さんの合図で段ボールをたたく小学生=福島市音楽堂
  • 町の会館で開かれた「酒の会」の会場は参加者でいっぱいになった=南会津町界
  • 美の軌跡 石井康治の世界
  • サブドレンの仕組み
  • サブドレンの仕組み
  • 「サブドレン計画」について意見集約をする理事会であいさつする佐藤弘行・相双漁協組合長(奥)=相馬市
  • サブドレンの仕組み
  • 日大東北―聖光学院 五回裏聖光学院2死一、三塁、笠原が左前適時打を放ち3点目。捕手芳賀=県営あづま
  • 演奏するピアニストら
  • 有村文美教諭(右)のアドバイスを受けながらスピーチを練習する菊池歩実さん=いわき市の県立双葉高
  • Bank Bandの「to U」 を披露した小林武史(左)とSalyu(右)
  • 草食恐竜ヒパクロサウルスの化石
  • コンサートの練習にはげむ片野秀俊さん(左手前)や合唱団=新宿区

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行このレンズにあのストロボも

    撮影旅行に最適なカメラバッグ

  • ブック・アサヒ・コム芥川・直木賞選考委員が講評

    「全体としてレベル高かった」

  • 【&M】きょうは、何の日?

    美人と一緒なら毎日が特別な日

  • 【&w】楽しむサラダ連載スタート

    連載「カスタムサラダ」

  • Astand米バレエ団で黒人女性が快挙

    黒人女性初のプリンシパルに!

  • 写真

    ハフポスト日本版 これからの「ビキニ」

    今を生き延びるための水着

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

  • ITで業務がはかどる!差がつくヒントが満載