メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

茨城県つくば市

関連キーワード

  • つくば市総合運動公園(2015年04月18日 朝刊)

    つくば駅から約8キロ北の45・6ヘクタールに、1万5千席ある陸上競技場、5千席の体育館、フットボール場、屋内プールなど11のスポーツ施設のほか、宿泊施設(50人)、駐車場(一般1360台、バス24台)、キャンプ場など8施設を計画。徐々に施設はオープンし、2024年度での完成をめざしている。

  • つくば市総合運動公園計画(2015年06月03日 朝刊)

    45・6ヘクタールの敷地に1万5千席の陸上競技場(69億円)、5千席の体育館(85億円)、1千席のフットボール場(4億5千万円)、屋内プール(36億円)、テニスコート8面(4億6千万円)、多目的グラウンド(2億1千万円)、スポーツコート(4億1千万円)などスポーツ11施設のほか、宿泊施設(50人)、駐車場(一般1360台、バス24台)、キャンプ場など8施設を計画。つくば市は2018年度以降に施設を順次オープンさせ、24年度での完成をめざしている。

  • つくば市総合運動公園の基本計画(2015年07月30日 朝刊)

    つくば駅の北8キロの45・6ヘクタールに、1万5千席の陸上競技場(69億円)、5千席の総合体育館(85億円)、1千席のフットボール場(4億5千万円)、屋内プール(36億円)、テニスコート8面(4億6千万円)、多目的グラウンド(2億1千万円)、スポーツコート(4億1千万円)などスポーツ11施設のほか、宿泊施設(50人)、駐車場(一般1360台、バス24台)、キャンプ場など8施設を整備する計画。事業費は用地費を含めて総額305億円。つくば市は事業開始年度から10年間での完成をめざし、今年度に事業を始める予定。

最新ニュース

写真・図版

ノーベル賞獲得も残る謎、解明なるか スーパーKEKB(2018/4/26)

 高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)は26日、新型の加速器「スーパーKEKB」で、ほぼ光の速さに加速した電子と陽電子が衝突に成功した、と発表した。2008年のノーベル物理学賞につながった「小…[続きを読む]

写真

  • 新型加速器スーパーKEKB
  • 本格稼働を始めた「スーパーKEKB」。現在は中央の扉を閉めて実験が続けられている=高エネルギー加速器研究機構提供
  • 「KEiSEI」のロゴ入りの紙袋に入った商品を受け取る客の女性=茨城県つくば市吾妻1丁目の「キュート」
  • (左から)「ウィットスタジオ」の浅野恭司さん、和田丈嗣さん、中武哲也さん=茨城県つくば市役所
  • 磯上慎二主任研究員(右端)の指導を受けて、ハルバッハ磁石作りを披露する環境科学部の部員たち=つくば市立谷田部中学校
  • サイバーダイン社の「ロボットスーツ」を身につけて作業をする大和ハウス工業奈良工場の作業員=奈良市
  • 「ロボットスーツ」を身につけて作業をする大和ハウス工業奈良工場の作業員
  • オモチャで遊ぶゴールデンレトリバーの赤ちゃん=竹谷俊之撮影
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ