メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

茨城県つくば市

関連キーワード

  • つくば市総合運動公園(2015年04月18日 朝刊)

    つくば駅から約8キロ北の45・6ヘクタールに、1万5千席ある陸上競技場、5千席の体育館、フットボール場、屋内プールなど11のスポーツ施設のほか、宿泊施設(50人)、駐車場(一般1360台、バス24台)、キャンプ場など8施設を計画。徐々に施設はオープンし、2024年度での完成をめざしている。

  • つくば市総合運動公園計画(2015年06月03日 朝刊)

    45・6ヘクタールの敷地に1万5千席の陸上競技場(69億円)、5千席の体育館(85億円)、1千席のフットボール場(4億5千万円)、屋内プール(36億円)、テニスコート8面(4億6千万円)、多目的グラウンド(2億1千万円)、スポーツコート(4億1千万円)などスポーツ11施設のほか、宿泊施設(50人)、駐車場(一般1360台、バス24台)、キャンプ場など8施設を計画。つくば市は2018年度以降に施設を順次オープンさせ、24年度での完成をめざしている。

  • つくば市総合運動公園の基本計画(2015年07月30日 朝刊)

    つくば駅の北8キロの45・6ヘクタールに、1万5千席の陸上競技場(69億円)、5千席の総合体育館(85億円)、1千席のフットボール場(4億5千万円)、屋内プール(36億円)、テニスコート8面(4億6千万円)、多目的グラウンド(2億1千万円)、スポーツコート(4億1千万円)などスポーツ11施設のほか、宿泊施設(50人)、駐車場(一般1360台、バス24台)、キャンプ場など8施設を整備する計画。事業費は用地費を含めて総額305億円。つくば市は事業開始年度から10年間での完成をめざし、今年度に事業を始める予定。

最新ニュース

地方発!人手不足の飲食業界で働き方改革を実現する「kintone飲食店パック」販売開始!(2017/6/26)

リリース発行企業:株式会社ロケットスタートホールディングス~リアルタイムで売上、原価率、人件費、利益の把握が可能に~株式会社ロケットスタート[続きを読む]

つくば市をコトバンクで調べる

写真

  • 展示予定の廃ボールと、企画した太田圭さん=つくば市の筑波大
  • ピンク色に実った「あかつき」=2016年7月、JAふくしま未来提供
  • 強い風雨の中、傘を差して歩く人たち=21日午後、東京都中央区、長島一浩撮影
  • ワルター・アウアーさんとチャリティーコンサートで演奏する若林暢さん(左)=2013年9月、つくば市
  • 真っ赤な炎で刀を熱する宮下正吉さん=つくば市蓮沼
  • 種の交換会には多くの農家が集まり、質問を投げかけていた=1月29日、青森市
  • 篠原久美子さん=東京都新宿区
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ