メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

はやぶさ

はやぶさ

南天の天の川の前を右下から上方へ横切った「はやぶさ」と回収カプセル=2010年6月13日、豪州南部グレンダンボ近郊(3分間露光)

小惑星探査を目的に開発された探査機。箱形で長さ2m、重さ約500キロ。2003年5月に内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げられた。キセノンという気体をイオン化し、電気的に加速して噴射する「イオンエンジン」を搭載。地球と火星の軌道を横切るように公転する全長500mほどの小惑星「イトカワ」に到着。表面がでこぼこした様子などを観測した。燃料漏れや通信途絶などのアクシデントに見舞われたが、2010年6月、地球に無事帰還した。

はやぶさ

CGはいずれもJAXA提供

最新ニュース

写真・図版

はやぶさ2、小惑星リュウグウ着陸訓練 管制室を公開(2018/4/24)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、小惑星探査機「はやぶさ2」の運用訓練を報道陣に公開した。プロジェクトチームの技術者らが、実際の運用で使う宇宙科学研究所(相模原市)管制室で、小惑星「リュウグ…[続きを読む]

写真

  • モニターに映し出されたデータを見ながら対応を練る参加者ら=相模原市のJAXA宇宙科学研究所
  • リュウグウに近づく、探査機「はやぶさ2」のイメージ
  • リュウグウに近づく探査機「はやぶさ2」のイメージ(池下章裕さん提供)
  • はやぶさ2のミッション
  • 小惑星探査機はやぶさ2のミッション<グラフィック・田中和>
  • 「はやぶさ2」が撮影した小惑星「リュウグウ」=宇宙航空研究開発機構、東京大提供
  • 小惑星探査機「はやぶさ2」が撮影した小惑星「リュウグウ」(宇宙航空研究開発機構、東京大提供)
  • 「はやぶさ2」の実物大模型は子どもたちの人気の的だ=相模原市中央区
  • 小惑星「リュウグウ」に接近する探査機「はやぶさ2」のイメージ。青白い炎のようなものを出している部分がイオンエンジン(池下章裕さん提供)
  • はやぶさ2の計画
  • 「リュウグウ」に向かう「はやぶさ2」のイメージ
  • 冥王星の下部にみえるハート形の右上方の地形が「はやぶさ大陸」と名付けられた(NASA提供)
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ