メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

アルジェリア

アルジェリア

アルジェリア民主人民共和国

面積:238万平方km(アフリカ第1位)

人口:3780万人(2013年、アルジェリア国家統計局)

首都:アルジェ

主要産業:石油・天然ガス関連産業

在留邦人数:270名(2013年10月)

(外務省ホームページより)

関連キーワード

  • アルジェリア人質事件(2013年07月15日 朝刊)

    プラント建設会社「日揮」が請け負っていたアルジェリア南東部イナメナスの天然ガス生産施設が今年1月16日早朝、イスラム武装勢力に襲われた。犯人グループは外国人らを人質に取り、隣国マリに軍事介入したフランス軍の撤退などを要求。アルジェリア政府は拒否し、軍事作戦を強行した。セラル首相は、死亡した外国人人質は8カ国の37人と発表。日揮の関係では、社員ら日本人10人を含む計17人が死亡した。

アルジェリア

朝日新聞の川上泰徳・中東アフリカ総局長が編集人をつとめる一般向けの中東専門サイト。中東についての幅広く、多様なテーマで、研究者、NGO関係者、ジャーナリストが、専門的なリポートを執筆しています。 《トップページ》

最新ニュース

世界中の「ノーベル文学賞」候補作家を詳しく解説! 『ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品』を、9月16日に発行(2014/09/01)

株式会社青月社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:望月 勝)は、『ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品』を2014年9月16日に発行いたします。■村上春樹からボブ・デ[続きを読む]

PR情報

もっと読む

世界中の「ノーベル文学賞」候補作家を詳しく解説! 『ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品』を、9月16日に発行

■書籍概要書名:ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品 (ISBN978-4-8109-1277-7)編集:青月社編集部体裁:四六判並製、248ページ価格:本体1,500…(2014/09/01)

外務省人事(29日、31日、9月1日、2日付)

山田彰▽中南米局長(リオデジャネイロ総領事)高瀬寧 (31日付)辞職(スーダン大使)堀江良一=1日付で輸出入・港湾関連情報処理センターへ (9月1日付)バーレーン大使(ムンバイ総領事)浅子清▽アルジェ…(2014/08/30)

ワイズベッカー他の限定ポスター展示のお知らせ

ジャン・ミシェル・アルベロラ1953年アルジェリア生まれのフランス人アーティスト。絵画だけでなく、文章・写真・映画など、他の表現手段を作品に組み込むコンセプトを追及する作家。【展示スケジュール】無印良…(2014/08/28)

客席から物の投げ込み、サッカー選手死亡 アルジェリア

アルジェリア・サッカー連盟は25日、今週末に予定されているリーグ戦を中止すると発表した。23日に行われた同国リーグの試合で、観客席から投げ込まれた物が選手の頭に当たり、その選手が死亡したため。同連盟は…(2014/08/26)

(世間の戦争 第1次世界大戦から100年:5)「アジアの中心」、芸術に潜む意識

フランスの画家が植民地アルジェリアの風俗に刺激された例を挙げ、朝鮮に注目すべしと訴えた。 美術史が専門の実践女子大教授の児島薫さん(54)によると、イタリアは「衰退した過去の場所」とフランスで捉えられ…(2014/08/26)

閣僚通信簿 第2次安倍内閣〈2〉

内閣発足直後の昨年1月、アルジェリアで日本人10人が犠牲となる人質事件が発生。この経験が原点だった。 平均して朝1回、昼1回、夜2回――。菅氏が毎日こなす懇談の数だ。相手は政財界、官界、マスコミなどさ…(2014/08/23)

スポーツジャーナリストの中西哲生さん

(中西哲生)それでもW杯優勝は口にすべきだ

とはいえ、コスタリカ、コロンビア、アルジェリア、米国、ギリシャなどの健闘したチーム、彼らがいつか必ずW杯で優勝できるとは僕は思えません。それは彼らが、アウトサイダーの論理で戦っていると感じたからです。…(2014/08/17)

ゴマブックス株式会社:ゴッホ、セザンヌ、モネも収録! 『【絶対に行きたい、世界の美術館、博物館】ボストン美術館』がKindleストアで2位を獲得! 歴史的名画を写真と一緒にわかりやすく解説

ジェームズ・ティソ13.「庭のカミーユ・モネと子ども」クロード・モネ14.「睡蓮」クロード・モネ15.「ブージヴァルの踊り」ピエール=オーギュスト・ルノアール16.「アルジェリアの娘」ピエール=オーギ…(2014/08/13)

独仏が合同で運営するARTEのニュース編集部の会議。ドイツ人の編集長(中央)を中心に、両国のスタッフが意見交換する。フランス人の編集長もいて、毎週交代するという=仏・ストラスブール、仙波理撮影

(戦後70年へ プロローグ:1)独仏つなぐ合同TV 24時間、2カ国語で同じ番組

フランスによるアルジェリア支配を描いた番組が、ドイツでも好評でした。独仏関係については父の思い出があります。父は、第2次大戦末期に負傷しましたが、フランスの農婦に介抱されて一命をとりとめた。彼女は家族…(2014/08/12)

独仏の和解の歩み

(戦後70年へ)敵対関係を超えて 共有進む虐殺の記憶

フランスによるアルジェリア支配を描いた番組が、ドイツでも好評でした。 独仏関係については父の思い出があります。父は、第2次大戦末期に負傷しましたが、フランスの農婦に介抱されて一命をとりとめた。彼女は家…(2014/08/11)

ゴマブックス株式会社:『【絶対に行きたい、世界の美術館、博物館】ボストン美術館』が、iBooksで配信開始!! 北斎や歌麿など国宝級の日本画も厳選収録! 詳しい解説付きで、絵の魅力がよく分かる!

ジェームズ・ティソ13.「庭のカミーユ・モネと子ども」クロード・モネ14.「睡蓮」クロード・モネ15.「ブージヴァルの踊り」ピエール=オーギュスト・ルノアール16.「アルジェリアの娘」ピエール=オーギ…(2014/08/08)

南米・ペルー出身のアーティスト ブラウリオ・ボザが北海道・ディマシオ美術館で8月9日に公演

■ジェラール・ディマシオと「世界最大の油彩画」について<ジェラール・ディマシオとは>1938年アルジェリア生まれ。75歳。国籍はフランス。現在、ベルギーに在住。「自分が描き出したいのは、未来における過…(2014/08/07)

ゴッホ、セザンヌ、モネも収録! 『【絶対に行きたい、世界の美術館、博物館】ボストン美術館』がKindleストアなど4電子書店で配信開始! 歴史的名画を写真と一緒にわかりやすく解説

ジェームズ・ティソ13.「庭のカミーユ・モネと子ども」クロード・モネ14.「睡蓮」クロード・モネ15.「ブージヴァルの踊り」ピエール=オーギュスト・ルノアール16.「アルジェリアの娘」ピエール=オーギ…(2014/08/07)

ゴマブックス株式会社:ゴッホ、セザンヌ、モネも収録! 『【絶対に行きたい、世界の美術館、博物館】ボストン美術館』がKindleストアなど4電子書店で配信開始! 歴史的名画を写真と一緒にわかりやすく解説

ジェームズ・ティソ13.「庭のカミーユ・モネと子ども」クロード・モネ14.「睡蓮」クロード・モネ15.「ブージヴァルの踊り」ピエール=オーギュスト・ルノアール16.「アルジェリアの娘」ピエール=オーギ…(2014/08/07)

ナイジェリアでジョイントベンチャーのメディア・エージェンシーを展開

電通グループはこれまでアフリカにおいて、アルジェリア、エジプト、モロッコ、南アフリカ、チュニジア5カ国の独自拠点と、20カ国以上に及ぶ協力会社ネットワークによって事業を推進してまいりましたが、顧客のグ…(2014/08/05)

政府専用機、こんな飛行機

(いちからわかる!)「政府専用機」とは、どんな飛行機じゃ?

去年1月にアルジェリアで起きた人質(ひとじち)事件では、被害(ひがい)に遭(あ)った人たちが帰国するのに使われたんだ。 ホ 責任重大じゃな。 A 重要人物を乗せて飛び、突発(とっぱつ)的な出来事にも対…(2014/08/05)

モハメド・ベジャウィ氏=8日、パリ近郊、マリー・ギトン撮影

(核といのちを考える)「一般的に違法」割れた賛否 国際司法裁、96年の勧告的意見

しかし国際法の現状に照らすと、国家存亡の危機にあるような自衛の極限状況での核兵器の使用・威嚇が合法か違法かは結論が出せない(第2項E、判事7対7=裁判長の決定票で成立) (3)厳格で効果的な国際管理の…(2014/07/31)

モハメド・ベジャウィ氏

(核といのちを考える)国際司法裁の勧告的意見、元裁判長「廃絶へ強い意図込めた」

▼29面=舞台裏では 元裁判長はアルジェリア人のモハメド・ベジャウィ氏(84)。「核兵器の使用・威嚇は一般的に人道法違反」「自衛の極限状況では合法か違法か判断できない」と併記した意見の中核部分をめぐり…(2014/07/31)

モハメド・ベジャウィ氏=8日、パリ近郊、マリー・ギトン撮影

ICJ勧告的意見、割れた賛否 元判事らが明かす舞台裏

しかし国際法の現状に照らすと、国家存亡の危機にあるような自衛の極限状況での核兵器の使用・威嚇が合法か違法かは、結論が出せない 7対7(裁判長の決定票で成立) (F)厳格で効果的な国際管理の下でのあらゆ…(2014/07/31)

(核といのちを考える)ICJ、核廃絶への強い意図

元裁判長はアルジェリア人のモハメド・ベジャウィ氏(84)。滞在先のパリ近郊で7月に取材に応じた。国際法上の考え方に影響を与えるICJの勧告的意見について、元裁判長が見解を語るのは極めて異例だ。 「核兵…(2014/07/31)

(地球24時)乗客・乗員、全員死亡 アルジェリア機墜落

アフリカ西部マリのアルジェリア航空機の墜落事故で、フランス政府は25日、「乗客・乗員118人全員が死亡した」と発表した。乗客のうちフランス人は54人だった。仏政府は軍用機を事故現場付近に派遣して、生存…(2014/07/26)

注目コンテンツ

  • ショッピングホチキスで部屋をリフォーム

    工事なしで大型TVを壁掛けに

  • ブック・アサヒ・コム石巻の製紙工場、奇跡の復活

    出版の危機、被災社員が救った

  • 【&M】トヨタ創業当時のクルマたち

    トヨタ博物館(12)

  • 【&w】「信州のお茶うけ」本を5名に

    大平一枝新刊をプレゼント

  • Astand羽生結弦が「怪人」に!?

    新プログラムを詳しくリポート

  • 写真

    ハフポスト日本版 モアイからウユニ塩湖まで

    世界一周旅行の写真をHDR合成

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報