メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

アレルギー性鼻炎

関連キーワード

  • アレルギー疾患(2013年04月24日 朝刊)

    食べ物や花粉など本来なら体に害のない物質を「異物」と認識し、免疫が過剰に反応して起こる。食物アレルギーやアトピー性皮膚炎は子どもに多く発症する傾向がある。厚労省審議会の2011年の報告書は、全国民の半数が何らかのアレルギー疾患にかかっていると指摘している。全国の小中高生を対象にした文科省の調査(2004年度)では、アレルギー性鼻炎の有病率は9.2%、ぜんそくは5.7%、アトピー性皮膚炎は5.5%、食物アレルギーは2.6%。先進国では、アレルギー疾患の有病率は高まる傾向にある。

最新ニュース

写真・図版

子どものけいれん、抗ヒスタミン薬との関係は?(2018/4/3)

 子どものけいれん、保護者の方はとても不安になりますね。けいれんが起きるのはどんな時でしょう。一番多いのが熱性けいれんで、他にも胃腸炎関連けいれんや急性脳炎・脳症、髄膜炎があります。それについてはこち…[続きを読む]

アレルギー性鼻炎をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ