メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

イラク戦争

関連キーワード

  • イラク戦争(2013年08月31日 朝刊)

    2003年3月、イラクのフセイン政権打倒を目的に、米英主体の有志連合が軍事作戦を開始。5月にはブッシュ米大統領が戦闘終結を宣言した。武力行使を明確に容認する国連安保理決議はなく、仏独も強く反対したが、米は「イラクが大量破壊兵器を開発している」とする「証拠」を示し、「戦争の大義」とした。その後「証拠」は虚偽だったと判明。米軍の完全撤退は11年末までずれ込み、死者は4千人を超えた。

  • 英国のイラク戦争調査(2010年01月30日 朝刊)

    イラク戦争の正当性や占領政策に疑問をもつ世論や野党のつきあげで、ブラウン首相が昨年7月、歴史学者や元外交官ら5人から成る独立調査委員会を設けた。チルコット委員長は元官僚。政府の機密書類を精査し、11月から政治家、外交官、軍幹部、情報機関トップら69人を公開で喚問してきた。

  • イラク戦争と日本(2010年03月21日 朝刊)

    2003年3月の開戦時、当時の小泉純一郎首相が戦争支持を表明。自衛隊の派遣にも踏み切った。その後、開戦根拠とされた大量破壊兵器は見つからず、旧フセイン政権と「9・11」テロを実行したアルカイダは無関係だったとされた。参戦した英国、オランダが戦争の正当性の検証を進める中、日本でも民主、社民両党の有志議員が、小泉政権の判断を問う第三者検証委員会の設置を求める署名活動をしている。

最新ニュース

写真・図版

(2017衆院選)一票の手がかり 安田菜津紀さん、松田和也さん、安永彩華さん(2017/10/21)

 明日22日は衆院選の投票日。「国難を突破」「お友達政治を変えよう」「まっとうな政治」といったスローガンのような訴えが目立つなか、私たちは何を手がかりに一票を投じたらよいのか。 ■自分の大切なこと、起…[続きを読む]

イラク戦争をコトバンクで調べる

写真

  • グラフィック・岩見梨絵
  • 岡村詩野さん
  • 候補者や応援弁士の訴えに耳を傾け、拍手する有権者ら=10日、八王子市
  • 岡村詩野さん
  •   
  • 「天下を取るには狂わねばならぬ」。かつて戯曲「野望と夏草」で平清盛にこう語らせた=小林一茂撮影
  • イラク北部キルクーク州にあるKRGの軍事組織の前線司令部。厳重な警備が敷かれていた=4日、其山史晃撮影
  • イラク北部アルビルで9月22日に開かれた独立賛成派の集会でフェンスに登り、KRGの旗を振る参加者=杉本康弘撮影
  • 2006年8月2日の国連安保理の非公式協議で米国大使ボルトンが配った風刺漫画。「食べ物をくれればミサイルをもっと遠くに飛ばせたのに」=Mike Keefe, InToon.com
  • ハラブジャが毒ガス攻撃を受けた時の様子を語るカミル・ウェイエスさん。肺に疾患が残り、常に酸素ボンベが必要だ=いずれも21日、翁長忠雄撮影
  • ラブロフ外相
  • 9回目となった1976年10月のデモに参加する人たち(非核市民宣言運動・ヨコスカ提供)
  • 独立賛成派の集会。クルド語などで「独立のためにイエスを」と書かれた看板が掲げられ、参加者はKRGの旗を振っていた=いずれも13日、渡辺丘撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ