メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

インドネシア

関連キーワード

  • インドネシアの総選挙、大統領選挙(2008年12月09日 朝刊)

    次回総選挙は09年4月。国会の議席の20%、得票率で25%以上を得た政党か政党連合が、7月の大統領選で正副大統領候補を擁立できる。9月の世論調査の支持率では、メガワティ前大統領の野党、闘争民主党が18.6%、スハルト時代の翼賛組織の流れをくむ与党ゴルカル党が18.5%とほぼ互角。大統領選には、ユドヨノ大統領のほか、メガワティ氏、スルタン(イスラム王侯)のハメンクブウォノ10世、元国軍司令官のウィラント氏らが立候補を表明している。投票の結果、過半数を超す正副大統領候補がいない場合は上位2組による決選投票が行われる。

  • インドネシア人看護師、介護福祉士(2009年02月17日 朝刊)

    日本とインドネシアのEPA締結で08年度から受け入れが始まり、施設や病院で働きながら国家試験の勉強ができ、国家資格取得後も引き続き日本で働くことが認められるようになった。看護師試験は3回まで受験でき、介護福祉士試験は3年以上働けば受験できる。この制度以外では、外国人看護師は日本の国家資格保有者に限り7年以内で研修目的就労が認められているだけで、介護についての就労目的の在留資格はなかった。今後はフィリピンの看護師、介護福祉士も受け入れる予定。

  • インドネシアからの看護師、介護福祉士の候補者受け入れ(2009年03月02日 朝刊)

    インドネシアと日本両政府の協定に基づき、計208人が来日。100カ所の介護施設や病院で資格のいらない看護助手や介護助手として働いている。看護師候補者は母国で資格を持つ人のみで滞在許可期間は3年。介護福祉士候補は4年。その間に日本語で国家試験に合格しないと帰国しなければならない。

最新ニュース

インドネシアでの住宅開発事業に初進出-マンション分譲事業に参画します-(2018/2/19)

●阪急不動産株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:諸冨隆一、以下 「阪急不動産」)は、インドネシアの現地ディベロッパー、PT. Sentul City Tbk. (所在地:インドネシア・西ジャワ…[続きを読む]

インドネシアをコトバンクで調べる

写真

  • スタッフの鈴木利治さんの手のひらに集まるコウモリたち=浜松市北区引佐町田畑の観光鍾乳洞「竜ケ岩洞」
  • タイガー魔法瓶が売り出すコメ粒状の食品「とらひめ」と専用の炊飯器=大阪市北区
  • 望郷の思いを語るセネガルからの留学生=八代市新町
  • アジア大会に向けテスト大会が行われたブンカルノ競技場=12日、ジャカルタ(共同)
  • イラワジ川でマウンレイさん(左)とコミュニケーションを取りながら魚を追い込むイラワジイルカ(中央)=昨年12月1日、ミャンマー中部マンダレー郊外、杉本康弘撮影
  • 「Sing a Song」=塩谷安弘氏撮影
  • プノンペンとシアヌークビルを結ぶ南線の線路は内戦で橋や施設が破壊され、老朽化も進んでいたが、アジア開発銀行とオーストラリア政府が中心に支援し、復旧させた。旅客列車は2016年から運行を再開した=1月10日、プノンペンの鉄道駅、吉岡桂子撮影
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ