メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ウクライナ情勢

写真・図版

チェルノブイリ、あと100年封印 新シェルター公開 (2016/3/25)

史上最悪の原発事故から来月で30年を迎えるウクライナのチェルノブイリ原発で23日、建設の進む「新シェルター」が報道陣に公開された。事故で爆発した4号機をコンクリートで覆った「石棺」の老朽化がひどく、巨大なかまぼこ形の新シェルターで石棺を丸…[続きを読む]

4首脳停戦合意、崩壊の危機

2014年7月17日、東部でマレーシア航空機撃墜

マレーシア航空機

現地時間。航空機位置情報提供サービスFlightradar24.comから

動画で見るウクライナ危機

    • ロシア周到、強硬策 「民意」盾に領土拡大 クリミア編(2014/03/19)

       ロシアがクリミア半島を編入した。プーチン大統領が演説で方針を表明した直後に条約に署名するという用意周到ぶり。武力を背景にロシアの版図に組み込むという帝国主義さながらの動きを、国際社会は止める手立てがない。北方領土問題をかかえる日本の対ロ外交にも影響が出そうだ。  大統領が執務するクレム……[続きを読む]

      18日、演説するロシアのプーチン大統領=AFP時事

      18日、演説するロシアのプーチン大統領=AFP時事

    • クリミア半島、民族の交差点 歴史を考える(2014/04/14)

      ロシアが併合を決めたウクライナ南部のクリミア半島。アジアとヨーロッパの境界線上にある黒海の中央部に位置する地理的特性から、古くから多くの民族や勢力が交わり、ぶつかる場所でもあった。歴史的存在としてのクリミア半島を考えてみた。……[続きを読む]

      クリミア半島の歴史

      クリミア半島の歴史

    • クリミア半島

      クリミア半島(2014年03月01日 朝刊)

       15世紀にクリミア・ハン国が成立する中でクリミア・タタール人が形成。オスマン・トルコの保護国となりイスラム化が進んだ。1783年、ロシア領に編入後はロシア人が入植。ナチス・ドイツとの協力を理由にソ連が1944年にクリミア・タタール人を中央アジアなどに強制移住させた。54年に旧ソ連のロシア共和国からウクライナ共和国に移管されたが、今もロシア系住民が過半数を占める。

    • クリミア半島を歩くロシア兵=3月21日 クリミア半島を歩くロシア兵=3月21日

      クリミア併合(2014年04月14日 夕刊)

       2014年3月、ウクライナ南部に位置するクリミア自治共和国で行われた住民投票で、ウクライナからの分離独立とロシア編入が支持され、ロシアはクリミア自治共和国を併合した。

       クリミア半島にはロシア海軍の基地があるが、14年2月にウクライナに親欧米政権が生まれて駐留が危うくなり、ロシアのプーチン大統領が武装部隊の投入、併合という強硬手段をとったとみられている。クリミアはもともとは旧ソ連のロシア共和国の一部だったが、1954年にウクライナ共和国に編入されていた。

    最新ニュース

    写真・図版

    「プーチンなきロシアを」 反体制派リーダー逮捕に抗議(2017/10/8)

     ロシア各地で7日、反体制派指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏の逮捕に抗議する集会やデモが開かれた。来年3月の大統領選を前にプーチン政権の汚職体質への批判の声は地方にも広がり、政権側はインターネット規制の…[続きを読む]

    写真

    • サッカー欧州リーグの1次リーグ、ボリソフ戦で相手選手と激しく競り合うケルンの大迫勇也(右)=19日、ボリソフ(AP=共同)
    • コソボ戦を終えて喜ぶアイスランドの選手たち=レイキャビク(AP=共同)
    • 女子種目別の床運動で初優勝した村上茉愛=モントリオール(共同)
    • 「ナバリヌイ2018」と書かれたカードを振り上げる支持者。「プーチンに飽きた」「主権者は我々だ」などと叫んだ=7日、サンクトペテルブルク、中川仁樹撮影
    • 核兵器禁止条約の採択後、わき上がる議場。スマートフォンで採択を報告する外交官も相次いだ=7月7日、ニューヨークの国連本部、松尾一郎撮影
    • 朝日新聞の取材に応じたノーベル委員会のライスアンデシェン委員長=6日、オスロのノーベル研究所
    • 男子個人総合決勝で、ゆかの演技をする白井健三=時事
    • 男子予選、あん馬の演技を終えてガッツポーズする白井健三
    !

    スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

    !

    紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

    注目コンテンツ