メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ウルグアイ

関連キーワード

  • ウルグアイの大麻合法化(2014年02月06日 朝刊)

    昨年12月10日、購入や栽培を一定条件で認める法律が上院で可決。同24日公布された。事前登録した18歳以上の国内居住者は、1人月40グラムまで薬局で大麻を購入でき、自家栽培も6株(収穫量は年480グラム)まで認められる。治安改善を目的に掲げた点で珍しく、一般市民の栽培を認めるのも世界初とされる。14年下半期に施行予定。

  • 事故米(2009年02月11日 朝刊)

    残留農薬の検出やカビの発生などで食用に適さなくなったコメ。93年決着のウルグアイ・ラウンドで、日本はコメ農家保護のため高関税をかける代わりに、一定量のコメの輸入を義務付けられており、事故米の多くは輸入米だ。農水省は工業用途に限って販売していたが、三笠フーズが04年以降に出荷した事故米1407・5トンのうち572・8トンは少なくとも26都府県に食用として流通していた。接着剤製造販売会社「浅井」(名古屋市)や肥料製造会社「太田産業」(愛知県)などでも同様の問題が発覚し、当時の農水相や農水事務次官が引責辞任した。

  • 関税化とミニマムアクセス(2008年09月28日 朝刊)

    世界の貿易ルールをつくるウルグアイ・ラウンドでは、輸入数量制限などを撤廃し、すべての貿易品目は関税さえ払えば自由に輸入できる「関税化」に移行することが焦点だった。輸入実績がほとんどない場合、関税化に加えて最低限の輸入機会を提供する「ミニマムアクセス」も導入するよう求められた。通常の輸入枠は国内消費量の3〜5%。日本はコメの関税化を6年間猶予される代わりにMA枠を4〜8%に拡大して決着した。

最新ニュース

ブラジル快勝、W杯一番乗り アルゼンチンは5位に後退(2017/3/29)

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジルがパラグアイに3―0で快勝し、開催国のロシアを除く一番乗りで21大会連続出場を決めた。 ブラジルは10勝3分け[続きを読む]

写真

  • W杯南米予選のパラグアイ戦でゴールを決めたブラジルのネイマール=28日、サンパウロ(ロイター=共同)
  • チリ戦で決勝点となるPKを蹴るメッシ=23日、ブエノスアイレス(ロイター=共同)
  • W杯南米予選のウルグアイ戦で3点目のゴールを決めたブラジルのパウリーニョ=23日、モンテビデオ(ロイター=共同)
  • サッカーU―20W杯1次リーグ日本の組み合わせ
  • 農業の現状と「改革8法案」
  • シーラ・スミス氏
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】高画質での高速連写を実現!

    話題の新型ミラーレス

  • 【&TRAVEL】くまモン、リカちゃん初就任

    フランス観光親善大使〈PR〉

  • 【&M】タイヤのサイズ表記の読み方

    キャンピングカーで行こう!

  • 【&w】根津の「おもちゃ箱」

    おいしいゲストハウス

  • ブック・アサヒ・コム壇蜜が相談に回答

    「勇気の出る本を読みたい」

  • WEBRONZA英米のファーストレディーは

    公人か私人か…あり方を考える

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ