メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

エボラ出血熱

関連キーワード

  • エボラ出血熱(2016年01月19日 朝刊)

    エボラウイルスに感染して起こる。高熱や頭痛などの後、嘔吐(おうと)や下裏出血などの症状が出る。致死率が高い。患者の血液など体液に触れた際、傷口や粘膜などからウイルスが入って感染する。ワクチンや治療法は開発途上で確立しておらず、症状を軽くする治療が主だ。2014年に西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネで感染が広がり、欧米でも発症が確認された。WHOによるとこれまでに1万1315人が死亡。日本で発症者は見つかっていない。

エボラ出血熱など一類感染症の患者を治療する45指定医療機関
(2014年7月1日現在)

  • 【特定感染症指定医療機関】

    ※成田赤十字病院とりんくう総合医療センターは第一種感染症指定医療機関でもある

  • 【第一種感染症指定医療機関】
  •  

ニュース一覧

写真

  • リベリアの首都モンロビア郊外の国立競技場で22日、大統領就任式に出席するジョージ・ウェア氏(中央)
  • ジョージ・ウェア氏が20歳ごろまで住んでいた家。今は若い男性が間借りしていた=21日、モンロビア近郊、石原孝撮影
  • 記者会見で「大分大学先端医学研究所」について説明する小路弘行特任教授(右端)ら関係者=県庁
  • 記者会見で「大分大学先端医学研究所」について説明する小路弘行特任教授(右端)ら関係者=県庁
  • ジョージ・ウェアさん
  • 「私たちの免疫系をかいくぐり、いろんな戦略で増殖するウイルスには『賢いやつめ』と感動します」と話す南保明日香さん=札幌市北区の北海道大
  • 「私たちの免疫系をかいくぐり、いろんな戦略で増殖するウイルスには『賢いやつめ』と感動します」と話す南保明日香さん=札幌市北区の北海道大
  • 感染した細胞から飛び出して周りを埋め尽くす、ひも状のエボラウイルス=野田岳志・京都大学再生医科学研究所教授提供
  • 感染した細胞から飛び出して周りを埋め尽くす、ひも状のエボラウイルス(野田岳志・京都大学再生医科学研究所教授提供)
  • 感染症リスク、どう備える?
  • グラフィック・鈴木愛未  
  • パネルディスカッションに出席した京都大学の本庶佑・特別教授(右)=東京都港区、堀英治撮影
  • リコーダーの送り先の音楽教室代表を務める坪内千恵美さん(右)とともに、手入れする竹中さん(左)と安野さん(中央)=大分市高城本町
  • 「空のF1」@千葉
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ