メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

オランダ

関連キーワード

  • 平戸オランダ商館(2008年11月14日 朝刊)

    オランダ東インド会社が、東アジアにおける貿易拠点とした。1609年、平戸港に土蔵つきの住宅1軒を借り、1612年ごろから海岸を埋め立てて住宅や倉庫、井戸、果樹園などをつくった。だが、江戸幕府の鎖国令に伴い、1641年に長崎出島(長崎市)へ移転した。商館跡地は1922年、鎖国前の海外交流を示す重要な史料として、国の史跡に指定された。平戸市は87年から、跡地の史料調査や発掘を進めてきた。市文化遺産課の萩原博文課長は、商館があった33年間を「白人に黒人に東南アジア人、色んな人種の人たちが暮らしていた。平戸の最も輝かしい時代」と説明する。

  • オランダのワークシェアリング(2009年01月27日 夕刊)

    82年に政府、労組、経営者の代表が結んだワッセナー合意をもとに進めた。パートなど非正社員と正社員との賃金の格差をなくす同一労働同一賃金の原則も徹底したことから、短時間労働が広まった。

  • オランダ略取事件(2009年06月19日 朝刊)

    国外移送目的略取容疑で母親の逮捕状を取った長崎県警は、警察庁を通じてオランダ当局に身柄の確保を要請している。だが、県警によると「逮捕の見通しは立たない」という。娘の祖父(81)ら3人も、母親に協力したとして国外移送目的略取罪で起訴された。祖父と運転手役の男は執行猶予付き有罪判決が09年3月に確定。もう1人の男は控訴中で、初公判は19日に福岡高裁で開かれる。

最新ニュース

写真・図版

旅客機から部品、車直撃 オランダ機 大阪都心、2人無事(2017/9/25)

 23日午前11時ごろ、関西空港を離陸して上昇中の旅客機から機体の一部が落下し、大阪市北区の国道1号を走行中の乗用車に直撃した。乗用車を運転していた女性(51)と同乗者の女性(47)にけがはなかった。…[続きを読む]

写真

  • 機体の一部が落下し、乗用車を直撃した現場=24日午後4時45分、大阪市北区西天満3丁目(画像の一部を修整しています)
  • パトカーの前に座り、アフガニスタン出身の学生の連行を阻止するドイツの学生たち=ニュルンベルガー新聞社提供
  • 機体の一部が落下し、乗用車を直撃した現場=大阪市北区西天満3丁目、中村光撮影
  • ライン川にかかる老朽化した橋を点検する作業員。この橋は2014年から大型トラックの通行を禁止している=独西部レバークーゼン
  • 東京ゲームショウで公開された「eスポーツ」の対戦
  • 東京ゲームショウのステージで公開された「eスポーツ」の対戦=21日午後、千葉市美浜区の幕張メッセ、林敏行撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ