メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • カナダ(2013年03月20日 朝刊)

    人口約3400万。米国を盟主とする北大西洋条約機構(NATO)の一員。経済面では米国・メキシコと北米自由貿易協定(NAFTA)を結んでいるほか、昨年からは環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加している。マルルーニー首相ら保守政権(84〜93年)のあとの自由党・クレティエン政権(93〜2003年)は米国とのあつれきが生じた。06年から再び保守政権。

  • カナダ・エスキモー(2008年06月28日 夕刊)

    朝日新聞の記者とカメラマンだった本多勝一氏と藤木高嶺氏が63年、カナダ北極圏で先住民の生活をルポした。「エスキモー」という言葉には「生肉を食べる者」という意味があるとされ、カナダでは70年代から民族名称に「イヌイット」を使っている。「エスキモー」は一部地域や極北全体の先住民を指す言葉として今も使われることがある。

  • オオカナダ(2010年11月06日 朝刊)

    南米原産の水草。植物生理学の実験用に日本に持ち込まれた。1940年代に野生化が山口県で確認され、70年代に琵琶湖で大繁茂して注目されるようになった。ため池や緩やかな流れに定着し、水質汚濁に強く、越冬し、切れた藻からも繁殖する。長さ1メートルを超えることもある。外来生物法で要注意外来生物に指定されている。木曽三川や豊川などでも確認されている。(写真は豊田市矢作川研究所提極

最新ニュース

リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック大会 各国ホスピタリティー・ハウスに関する調査レポート(2017/2/24)

平成29年2月24日一般社団法人つくば国際スポーツアカデミーアソシエーションリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック大会における各国ホスピタリティー・ハウスに関する調査レポート~2020オリンピッ[続きを読む]

カナダをコトバンクで調べる

写真

  • 小平奈緒
  • 日本の原油輸入先は中東に偏っている
  • エリク・リーガン

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】オトナの街歩きにピッタリ

    レトロスタイルの新型一眼

  • 【&TRAVEL】大興奮!聖地の真ん中を歩く

    魅力溢れるエルサレムを街ぶら

  • 【&M】ベンツGLCクーペ発売

    スポーティかつ優雅

  • 【&w】可愛すぎる入浴剤

    癒やしのバスグッズ

  • ブック・アサヒ・コム漫画大好き!織田信成

    「面白そうだったら何でも」

  • WEBRONZA芸能界の異常な労働環境

    清水富美加さん出家騒動

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ