メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • カナダ(2013年03月20日 朝刊)

    人口約3400万。米国を盟主とする北大西洋条約機構(NATO)の一員。経済面では米国・メキシコと北米自由貿易協定(NAFTA)を結んでいるほか、昨年からは環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加している。マルルーニー首相ら保守政権(84〜93年)のあとの自由党・クレティエン政権(93〜2003年)は米国とのあつれきが生じた。06年から再び保守政権。

  • カナダ・エスキモー(2008年06月28日 夕刊)

    朝日新聞の記者とカメラマンだった本多勝一氏と藤木高嶺氏が63年、カナダ北極圏で先住民の生活をルポした。「エスキモー」という言葉には「生肉を食べる者」という意味があるとされ、カナダでは70年代から民族名称に「イヌイット」を使っている。「エスキモー」は一部地域や極北全体の先住民を指す言葉として今も使われることがある。

  • オオカナダ(2010年11月06日 朝刊)

    南米原産の水草。植物生理学の実験用に日本に持ち込まれた。1940年代に野生化が山口県で確認され、70年代に琵琶湖で大繁茂して注目されるようになった。ため池や緩やかな流れに定着し、水質汚濁に強く、越冬し、切れた藻からも繁殖する。長さ1メートルを超えることもある。外来生物法で要注意外来生物に指定されている。木曽三川や豊川などでも確認されている。(写真は豊田市矢作川研究所提極

最新ニュース

(フロンティア2.0)「不便」だけど魅力の宝庫? 米本土から切り取られた町(2017/1/17)

 約170年前、米国本土から切り取られてしまったワシントン州ポイントロバーツ。カナダを通らないと行かれないこの町には、国境ならではのビジネスが栄えています。奇妙な町の一風変わった生活の様子を先週に引き[続きを読む]

カナダをコトバンクで調べる

写真

  • 届いた荷物がずらりと並ぶ受取所の倉庫。客はカナダ側から国境を越えて受け取りに来る=ポイントロバーツ、宮地ゆう撮影
  • 学校も病院も国境を越えて
  • 『SoftBank 2017 Spring』の発表会に出席した広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • 成田凌との交際報道後、初めて公の場に登場した広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • かつらむきをする学生ら。長谷川哲也教諭(中央)以外の4人は留学生=世田谷区の東京すし和食調理専門学校
  • 新春を迎えた山本能楽堂=大阪市中央区
  • トランプ氏の「高関税」「国境税」どうやって課すの?
  • カーラ・クワルトローさん

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ボールでパシャ!

    話題のVR撮影にチャレンジ

  • 【&TRAVEL】沖縄で人気のフードフェス

    蓬萊島の誘惑

  • 【&M】川瀬俊郎さんの別腹

    「松前屋」のきうひ昆布

  • 【&w】「自分を信じること大切に」

    綾瀬はるか 今年のテーマを語る

  • ブック・アサヒ・コム門井慶喜が二条城を訪ねる

    「寂しいといえば寂しい」

  • WEBRONZA「トランポノミクス」の行方

    世界中が返り血を浴びる?

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ