メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

キプロス

関連キーワード

  • キプロス(2013年03月25日 朝刊)

    地中海の東に浮かぶ島国キプロスは人口約86万人。1960年に英国から独立し、2004年に欧州連合(EU)に加盟、08年にユーロを導入した。国内総生産(GDP)は約177億ユーロ(11年)。一律10%と低率の法人税を目当てに、租税回避地として、ロシアなどユーロ圏外の資本が流入。キプロス国内の銀行など金融機関が持つ資産はGDPの約7倍にも達するほど、金融に依存していた。大量のギリシャ国債を保有していた民間銀行がユーロ危機で多額の損失を出し、11年12月、ロシアから25億ユーロの支援を受けた。

  • キプロス分断(2009年07月30日 朝刊)

    60年に英国から独立。多数派のギリシャ系住民と少数派のトルコ系住民の対立が絶えず、63年にギリシャ系大統領がトルコ系住民の権利を制限する憲法改正に踏み切り、内戦となった。74年にはギリシャとの併合を狙った軍事クーデターに対抗するため、トルコ軍が介入して、北部の37%を占領、島は分断された。83年に「北キプロス・トルコ共和国」が独立宣言。人口約79万人の南のキプロス共和国は04年に欧州連合(EU)に加盟した。

  • キプロスの分断問題(2010年05月16日 朝刊)

    地中海の島国キプロス共和国は1960年に英国から独立したが、多数派のギリシャ系住民と少数派のトルコ系住民が対立。74年にギリシャへの併合を狙ったクーデターが起きると、トルコも派兵して北部を占領し、83年に北キプロス・トルコ共和国(トルコのみ承認)を樹立させた。04年、南側のキプロス共和国(ギリシャ系)が単独でEUに加盟し、関係がさらにぎくしゃくした。

最新ニュース

ユーロの初期加盟国で経済格差拡大、失望誘う結果に=ECB(2015/07/30)

ユーロの初期加盟国で経済格差拡大、失望誘う結果に=ECB 2015年7月30日01時04分  [フランクフルト 29日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は29日、ユーロ圏について、財務基盤が弱い[続きを読む]

キプロスをコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 問屋経営のパパニコラウ・パブロスさんは「仕入れ先の外国企業に、ギリシャは安心して取引できる国と思われていない」と話す=アテネ市内
  • カスリデス外相
  •   
  • アテネ中心部で28日、現金を引き出すためにATMの前で行列をつくる人たち=AFP時事
  • アテネ中心部で28日夜、ATMの前で行列をつくる人たち=山尾有紀恵撮影

注目コンテンツ