メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

クリスマス

最新ニュース

写真・図版

路上で生活費を稼ぐ夫婦 石炭復活の約束に期待したが…(2018/2/16)

■「トランプ王国」熱狂のあと ラストベルトに住んでみた:7 選挙中にトランプを支持したものの、いざ政権が発足すると、その行方に不安を感じている人がいる。前項に続き、今回もそんな人々の話を紹介したい。彼…[続きを読む]

関連キーワード

  • イースター(2013年03月24日 朝刊)

    イエス・キリストが死後3日目に復活したことを記念する祝祭。キリスト教圏ではクリスマスと並ぶ大切な祝日とされ、春分後の初めの満月の次に訪れる日曜と決まっている。卵は生命の復活の象徴で、ウサギは子だくさんなことから、繁栄を表している。

  • 智頭町の死亡交通事故(2010年11月10日 朝刊)

    1999年12月26日未明、智頭町市瀬の国道53号の智頭トンネルで飲酒運転の乗用車が対向車線にはみ出し、鳥取大学3年の女性4人が乗った軽乗用車と正面衝突。軽乗用車の大庭三弥子さん(当時21)、大谷知子さん(同)、江角真理子さん(当時20)が死亡した。岡山県にクリスマスのイルミネーションを見に行った帰りだった。飲酒運転の男性は業務上過失致死傷罪などに問われ、2000年に懲役3年の判決を受けた。

  • コプト教(2013年07月06日 朝刊)

    紀元1世紀ごろからエジプトで独自の教義を発展させた東方教会系のキリスト教の一派。エジプトの古代暦であるコプト暦は西暦の9月11日に始まり、クリスマスは1月7日に当たる。信者はエジプト人口(約8千万人)の約1割を占めると言われる。豚肉食や飲酒が許されており、菜食だけが認められる断食などイスラム教徒とは異なる生活習慣を持つ。差別や宗教迫害を訴えるコプト教徒もいる。

写真

  • 石炭業が廃れたケンタッキー州の山道で、生活費を稼ぐために自宅の不用品を売っていた主婦シェリル・ウィリアムソンさん(右)と夫ティムさん=2017年4月30日、金成隆一撮影
  • タカラトミーの「うまれて!ウーモ キララメガーデン」。人形「ウーモ」がタマゴの殻を破って生まれてくる(タカラトミー提供)
  • 2月12日(月)@サンリオピューロランド内エンターテイメントホール (okmusic UP's)
  • ブレッドフルーツのバーガーを作った女性たち=トンガ・ヌクアロファ郊外、小暮哲夫撮影
  • 女川産のギターで演奏する須田善明町長=2016年12月、宮城県女川町
  • ブレッドフルーツのバーガーを作った女性たち=トンガ・ヌクアロファ郊外、小暮哲夫撮影
  • カナダ・ユーコン準州の州都ホワイトホースの政府直営の酒類販売店で、酒瓶に警告ラベルが貼られた。「アルコールは、がんの原因になる」などと記されている。しかし、酒造業界から思わぬ反発が起き、ラベルは中止された=University of Victoria via The New York Times/(C)2018 The New York Times
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ