メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

クールビズ

関連キーワード

  • クールビズ(2014年06月19日 朝刊)

    エアコンを28度以上に設定しても快適に過ごせるノーネクタイやノージャケットなどの服装で、環境省が2005年に提案。11年には取り組みをさらに進めようと、ジーパンやポロシャツ、アロハシャツや半ズボンなども認める通勤スタイルを一般企業にも勧めはじめた。地球温暖化防止が目的で、同省の試算では10年度に393万世帯の1カ月分の二酸化炭素の排出量に当たる169万トンが削減される効果があったとしている。

  • スーパークールビズ(2012年07月12日 朝刊)

    クールビズは2005年、温室効果ガス削減のため環境省が提唱。夏場のノーネクタイ、ノージャケットが広まるきっかけになった。昨年、節電対策としてより一層の軽装を進めようと打ち出したのがスーパークールビズ。6月1日からポロシャツやアロハシャツ、スニーカーなどでの勤務を省内で認めた。街でもポロシャツ姿のサラリーマンを見かけるようになった。

  • エコブーム(2008年08月31日 朝刊)

    地球温暖化問題への関心の高まりとともに、環境を考えた行動が国民や企業の間でトレンドになっている状況を指す。例えば、石油製品であるレジ袋を有料化する動きがスーパーで広がり、マイバッグを持参する人が増加。夏のエアコン温度を28度に設定し、軽装で暑さをしのぐクールビズも定着しつつある。今年に入り、再生紙の古紙配合率を製紙会社が偽った「エコ偽装」が発覚。また京都市などの自治体がコンビニ業界に深夜営業の自粛を求め、その是非が議論になっている。

最新ニュース

フレッシャーズ必読。好感度が上がる! 信頼される! スーツの正しい選び方・着こなし方を身につけられる“できるビジネスマン”の入門書発売(2018/2/14)

リリース発行企業:株式会社講談社『ビジネススーツ超入門 成功する就活スーツ・フレッシャーズスーツはどれだ?』森岡弘・著 2018年2月20日(火)刊行春になると、就活生や新入社員など初々しいスーツ姿の…[続きを読む]

写真

  • 京都市で始まった「第56回関西財界セミナー」=8日午前、京都市左京区
  • 広辞苑第7版=岩波書店提供
  • 広辞苑第7版。大型のものは机上版
  • 「希望の党」の理念について説明する小池百合子・東京都知事=25日午後2時34分、都庁、柴田悠貴撮影
  • 左から白、紺、グレーの3種類のポロシャツ=広陵町役場
  • 胸や後襟の下に「いばラッキー」の刺<Asajikai sjis="繍">繡</Asajikai>が施されたオリジナルポロシャツ=日立市役所
  •   
  • 夏でも長袖の服を着る方ですか?<グラフィック:岡山進矢>
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ