メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

グーグル

関連キーワード

  • グーグルへの集団訴訟(2009年05月29日 朝刊)

    グーグル社は米国の大学図書館に世界各国から集められた蔵書など計700万冊以上をデジタル化し、書籍全文を対象とした検索ができるサービスを展開してきた。全米作家協会など米国の著作権者は05年、許可のないデジタル化で著作権を侵害されたと、米国で集団訴訟を起こした。この集団訴訟は、同じ利害のある人たちを原告が代表して提訴している。日本にない形態で、今回は原告が世界中の権利者らを代表することになる。和解案はすでにグーグルと原告が合意しているが、裁判所の最終承認を受けていない。最終承認には裁判所が集団訴訟を公正なものと判断する必要があり、訴訟に参加する原告の数も判断基準の一つだという。

  • グーグル書籍検索和解問題(2009年09月01日 夕刊)

    08年10月に合意した和解案は(1)グーグルは「絶版」と認定した書籍をデジタル化し、利用できる(2)無許可でデジタル化した著作物1点あたり60ドル(約5600円)を著作権者に支払う(3)データ利用収入の63%を著作権者に支払う(4)この収入分配のための第三者機関を設置し、グーグルはその費用3450万ドル(約32億円)を支払う、などが柱。この訴訟は同様の利害関係者にも効力が及ぶ「集団訴訟」で、加えて著作権の国際条約「ベルヌ条約」などにより、和解の影響は世界の200を超える国・地域に広がることになった。

  • グーグル規制問題(2010年03月07日 朝刊)

    米インターネット検索最大手のグーグルが1月12日に、中国からの同社サイトへのサイバー攻撃などを理由に、中国版検索サイトや現地法人を閉鎖し、撤退する可能性があることを表明した。同社は中国進出に際し、中国当局の要求を受け入れ、中国の体制批判やチベット問題など、政治的に敏感とされる問題について自主規制を行い、検索ができない態勢をとっていた。中国の検索市場は国内最大手「百度(バイドゥ)」が、8割近い市場占有率で、グーグルは苦戦している。

最新ニュース

【マインドコマース調査報告】コンテンツ配信ネットワーク (CDN)(2016/05/30)

【調査レポートのサマリー】2016年5月発行米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 2016 - 2021年:主要ベンダの分析[続きを読む]

グーグルをコトバンクで調べる

写真

  • 画像1 Google I/O 2016の基調講演より。グーグルはスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」を発表した
  • ウーバーのサービスにトヨタが加わる
  • ウーバーのサービスにトヨタが加わる
  • 月面探査車の試作機を前に握手する袴田代表(左)と平井知事=鳥取市の知事公邸
!

PC版トップページ変更、「ライフ」ジャンル新設のお知らせ(5/18)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】靴の上からサッと履ける

    雨に負けないシューズカバー

  • 【&TRAVEL】新緑と甘いひとときを

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 【&M】新宿でふらっと1人ラーメン

    橋本マナミさんのイケ麺

  • 【&w】鉄人・坂井シェフも太鼓判!

    ネスカフェ「コク深め」〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム吉沢悠のコミック履歴書

    「墓場鬼太郎」が新鮮だった

  • WEBRONZA三菱自の「坊ちゃん体質」

    低い技術力・子会社に丸投げ

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドル

    伝説の美少女たちは今

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ