メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

コロンビア

関連キーワード

  • コロンビア革命軍(FARC)(2016年09月27日 朝刊)

    1959年のキューバ革命をきっかけに、社会主義に基づく国家建設を目指した地方農民らによって64年に結成された。一時は国土の3分の1を支配。コカインの生産・密売、要人誘拐の身代金を主な資金源とし、最盛期は約2万人を擁した。2000年代以降は政府軍の制圧作戦で弱体化し、現在は7千人弱とされる。コロンビアでは、FARCなどに対抗して右派民兵組織が結成され、戦闘が続いた。一連の内戦による死者は約22万人で約8割を一般市民が占めた。国内避難民は約500万人に上った。

  • コロンビアの麻薬(2010年07月19日 朝刊)

    2000年以降、米国の支援を受けて麻薬撲滅を進めた結果、コカインの原料コカの葉の生産量は減ったとされる。ただ、栽培面積は、依然コロンビアが世界一。取引をめぐって麻薬組織同士や左翼ゲリラ、右翼民兵、政府軍などが入り乱れて戦闘を続け、多くの死傷者が出ている。

  • スペースシャトル(2009年03月12日 夕刊)

    米航空宇宙局(NASA)の再使用型有人宇宙船。81年4月にコロンビアが初飛行して以来5機が製造され、計124回打ち上げられている。このうち、86年にはチャレンジャーが打ち上げ直後に爆発、03年にコロンビアが地球帰還時に空中分解する事故が起きている。今回打ち上げ予定のディスカバリーは現役3機のうちの1毅老朽化などからスペースシャトルは10年5月の打ち上げを最後に退役を予定している。

最新ニュース

ペルーの織物文化、貴重な展示 リマの天野博物館がリニューアル(2017/8/16)

 秋田県出身の実業家・天野芳太郎氏(1898~1982)が南米ペルーの首都リマに設立した天野博物館。日本人観光客や研究者におなじみの同館が先頃、開館から半世紀過ぎたのを機に、先史時代の織物を専門とする[続きを読む]

写真

  • 新装された天野プレコロンビアン織物博物館の展示
  • 後半、浦和の阿部(左から2人目)は決勝ゴールとなるPKを決め、チームメートと喜び合う
  • 試合後、浦和サポーターはシャペコエンセの選手たちに横断幕でメッセージを送る=長島一浩撮影
  • 全種目終了後の引退式典で、トラックに祈りを捧げるボルト=池田良撮影
  • 男子110メートル障害決勝で5位のメリット=池田良撮影
  • アジアン・カンフー・ジェネレーションの後藤正文さん
  • 先行する3選手を懸命に追い掛ける飯塚翔太(左)=池田良撮影
  • 岡崎雫ちゃん=両親提供
  • 「スターシップ9」
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ