メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

サイバー攻撃

 サイバー攻撃の一種、DDoS攻撃の状況をリアルタイム表示する「Digital Attack Map別ウインドウで開きます」。攻撃先や攻撃元などが視覚的に表現されている。米Googleのシンクタンク「Google Ideas」が米セキュリティー会社「Arbor Networks」と協力して公表している。(※最新ブラウザでご覧下さい)

最新ニュース

『MR.ROBOT / ミスター・ロボット』待望のシーズン2 Amazonプライム・ビデオにて7月29日(金)より見放題独占配信(2016/07/23)

リリース発行企業:アマゾンジャパン合同会社第73回ゴールデングローブ賞2部門受賞、第68回エミー賞6部門ノミネート2016 年7月23日-Amazonは、第73回ゴールデングローブ賞のテレビドラマ部門[続きを読む]

サイバー攻撃をコトバンクで調べる

写真

関連キーワード

  • 米韓の公的ウェブサイトへのサイバー攻撃(2009年12月17日 夕刊)

    今年7月、米国のホワイトハウス、国防総省、国土安全保障省、財務省など政府機関やニューヨーク証券取引所などの14サイトがネット上で攻撃を受け、一時接続出来なくなるサイトもあった。韓国でも大統領府や国防省など21サイトが攻撃され、一時接続に支障が生じた。いずれも多数のコンピューターから大量のデータが送られ、サイトの閲覧が不能になる「DDoS」(分散型サービス不能)攻撃だった。

  • ソニーへのサイバー攻撃(2015年01月04日 朝刊)

    北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暗殺を描いた映画「TheInterview」を制作したSPEに対して、サーバーのダウンや有名俳優の個人情報の大量漏出などにつながる大規模なサイバー攻撃が仕掛けられたことが、昨年11月に判明。劇場へのテロ予告も出て一時は公開中止に追い込まれたが、オバマ大統領が「検閲社会を許してはいけない」と訴えて風向きが変わった。米独立系331館が公開に踏みきり、初日の興行収入は100万ドル(約1・2億円)を超えた。

  • グーグル規制問題(2010年03月07日 朝刊)

    米インターネット検索最大手のグーグルが1月12日に、中国からの同社サイトへのサイバー攻撃などを理由に、中国版検索サイトや現地法人を閉鎖し、撤退する可能性があることを表明した。同社は中国進出に際し、中国当局の要求を受け入れ、中国の体制批判やチベット問題など、政治的に敏感とされる問題について自主規制を行い、検索ができない態勢をとっていた。中国の検索市場は国内最大手「百度(バイドゥ)」が、8割近い市場占有率で、グーグルは苦戦している。

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】小さなオーディオを持って

    いつでも上質な音楽空間を

  • 【&TRAVEL】満天の星空と手つかずの大自然

    ニュージーランドの魅力〈PR〉

  • 【&M】絶対に飽きないスパゲッティ

    辻村深月さんのイケ麺

  • 【&w】郷愁を誘う、美しい木版画

    池田修三『この指とまれ』

  • ブック・アサヒ・コム三浦しをんが相談に回答

    「私は薄情でしょうか?」

  • WEBRONZAサラリーマンは笑点がお好き

    おっさんメディアが熱いワケ

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ