メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

サウジアラビア

写真・図版

脱・石油依存模索、サウジ国王来日 日本は商機拡大狙う (2017/3/12)

中東の大国サウジアラビアのサルマン国王が12日、来日した。サウジ国王の来日は46年ぶり。サウジは石油依存を脱して経済を多角化する改革を進めている。日本はインフラや医療、再生可能エネルギーなど幅広い分野で協力することで、改革を後押ししつつ日…[続きを読む]

関連キーワード

  • サウジアラビア(2016年02月05日 朝刊)

    アラビア半島の8割を占める君主国家で、人口は約2800万人。第2代から現7代サルマン国王まではアブドルアジズ初代国王の息子。イスラム教の聖地メッカとメディナがあり、国王の正式呼称は「二つの聖モスクの守護者」。イスラム教スンニ派が多数だが、石油施設が集中する東部州などに15%のシーア派人口を抱える。14年の石油生産量は日産1150万5千バレルで、米国に次いで世界2位。

  • イランとサウジアラビアの対立(2016年03月04日 朝刊)

    イスラム教スンニ派の盟主を自任するサウジアラビアが今年1月、シーア派指導者の死刑を執行。シーア派の大国イランでは、暴徒化した群衆がサウジ大使館を襲撃し、サウジはイランと断交した。バーレーンやスーダンも同調するなど影響が広がっている。

最新ニュース

写真・図版

移転前倒し、保守層に配慮 米大使館、5月エルサレムへ トランプ氏、選挙意識(2018/2/25)

 トランプ米政権は23日、「2019年末まで」としてきた在イスラエル大使館のエルサレム移転を、イスラエル建国70周年の今年5月に前倒しすると発表した。11月の米中間選挙を前に、移転を望むキリスト教保守…[続きを読む]

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ