メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

サンタクロース

サンタクロース

関連キーワード

  • 難病のこども支援全国ネットワーク(2011年02月28日 夕刊)

    1988年から医療者や親の努力で電話相談の活動が始まり、98年に同ネットが設立された。活動は、平日の電話相談(03・5840・5973)▽ピアサポーター育成・派遣▽夏のキャンプ▽サンタクロースの病院訪問▽プレイリーダー養成講座▽50の団体が参加する親の会連絡会▽病弱教育セミナーなど。小林さんは設立時からの専務理事で、ウイルスが脳を壊す難病にかかった長男大輔君を育て、88年に13歳で亡くした経験を持つ。

  • サンタさんからの手紙(2016年12月21日 朝刊)

    日本・フィンランドサンタクロース協会が2001年度から始めた取り組み。12月初旬までに郵便局の窓口か協会のホームページから申し込むと、フィンランドのサンタから手紙が届く。昨年度の申し込みは2万通を超えた。今年の申し込みは締め切られている。手紙には返信はがき「サンタさんへの手紙」が同封され、思い思いの返事を送ることができる。昨年度の返信は約4200通で、01年度の2倍以上という。

最新ニュース

〈ファッションニュース〉友禅、東京からの息吹(2017/3/24)

 2020年の東京五輪を前に、着物への関心が高まりつつある。ただ、実際に着こなすには、価格や着付けなどハードルも高い。どうしたら着てもらえるのか。東京手描友禅の若手作家2人は、現代に合った「風情」を敏[続きを読む]

サンタクロースをコトバンクで調べる

写真

  • 水橋が手がけた羊柄の訪問着「群(むれ)」。伝統工芸展に入選した
  • 水橋が手がけた羊柄の訪問着「群(むれ)」。伝統工芸展に入選した
  • 桐生川に足を浸して読書をする子どもたち=桐生市梅田町5丁目(宝田教授提供)
  • 患者の胃ろうチューブを交換する医師(左)と様子を見守る妻=マンスリーコラム「老いの現場を歩く」〈胃ろうにする?しない? 「心のふたがとれた」とき〉から
  • 2月26日(日)@お台場ヴィーナスフォート
  • ビーチで見つけたスノーマンのフラガール!?
  • 食品リサイクル工場の破砕機には青々とした野菜や果物が次々と放り込まれる=神奈川県相模原市、金川雄策撮影
  • 国谷裕子さん
  • スーちゃん、天国で思いっきり走ってね
  • パキスタン中部ゴジュラ近郊の農村ブルプルでは、少数派のキリスト教徒が多数派のイスラム教徒の助けを借りながら、崩れた教会を少しずつ建て直している=2016年11月29日、乗京真知撮影
  • 1期生のベテラン社員がサンタクロースに扮して乗客をもてなした
  • トルコ・イスタンブールで1日、人気のナイトクラブが襲撃され、救急車などが出動するなか、人々は現場を離れた=AP
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&M】亡き父に思いをはせた旅

    東出昌大さんの「私の一枚」

  • 【&w】若いときから経験を〈PR〉

    ユナイテッドアローズ 重松理

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZAWキャスト、嫉妬心はない

    『王家の紋章』の平方元基

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ