メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

シェール

関連キーワード

  • シェール原発(2010年08月22日 朝刊)

    親米のパーレビ王政時代の1974年、ドイツ企業により建設が始まったが、79年のイスラム革命で中断。イラン・イラク戦争で大きく破壊された。95年にロシアの協力で建設が再開され、当初は99年稼働開始予定だったが、再三延期されてきた。軽水炉で出力は100万キロワット。

  • シェールオイル(2012年07月06日 夕刊)

    地下にある「頁岩(けつがん)(シェール)」と呼ばれる泥岩の層に含まれている石油。これまでは採掘するのが難しかったが、強い水圧をかけて岩盤層に亀裂を入れて取り出す方法が開発され、生産しやすくなった。原油価格の高騰で採掘コストも見合うようになり、米国やカナダで盛んに生産されるようになっている。岩盤層に含まれる「シェールガス」とともに、採掘可能な量が急増することから「シェールガス革命」と呼ばれる。

  • メタンハイドレートとシェールガス(2013年08月15日 朝刊)

    天然ガスの主成分のメタンガスが、温度が低く圧力が高い環境下で、水と結合してできた氷状の物質が前者。1立方メートル分を分解すると、体積の160〜170倍のメタンガスを得られるとされる。後者は頁岩(けつがん)(シェール)と呼ぶ岩盤層に含まれる天然ガス。岩盤に水圧をかけて割れ目をつくってガスを採取する技術が確立され、エネルギーコストを引き下げるとも言われる。

最新ニュース

写真・図版

対イラン制裁復活、各国注視 石油取引に影響 米・核合意離脱(2018/5/16)

 トランプ米政権がイラン核合意からの離脱を決め、解除していた経済制裁を復活させることへの影響が懸念されている。石油関連の取引が最も影響があるとみられ、日本を含む世界の企業が行方を注視する。「適用除外」…[続きを読む]

シェールをコトバンクで調べる

写真

  • イラン核合意をめぐる各国の構図
  • 原油価格が再び上昇している
  • ローザンヌ国際バレエコンクール決勝で踊る大木愛菜さん=3日、スイス西部ローザンヌ、松尾一郎撮影
  • 米国の原油生産は47年ぶりの水準に
  • 1位でゴールする松田瑞生=加藤諒撮影
  • 講演を聴く参加者
  • 原油価格が上昇している
  • 世界のEV市場の推移
  • 世界で勢いづくEV市場
  • 原油をくみ上げるポンプが草原に散らばる=米テキサス州ミッドランド
  • シェールの油井を掘るやぐら(リグ)=米テキサス州オゾナ、江渕崇撮影
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ