メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

シネマコンプレックス(複合型映画館)

関連キーワード

  • シネマコンプレックス(シネコン)(2011年07月01日 朝刊)

    一つのスペースに複数(おおむね五つ以上)のスクリーンを持つ映画館。93年に開館したワーナー・マイカル・シネマズ海老名(神奈川県)が日本の第1号とされる。日本映画製作者連盟の10年の統計によると、全国3412スクリーンのうち、シネコンが81%を占める。96年に1億1千万人台まで落ち込んだ年間入場者数は昨年、1億7千万人台に回復した。

  • シネコンとデジタルシネマ(2009年09月23日 朝刊)

    シネコンは、同一施設で多数のスクリーンが運営される「シネマコンプレックス」(複合映画館)の略称。国内の大手製作配給4社で組織する日本映画製作者連盟は、5スクリーン以上をシネコンと定義している。デジタルシネマは、フィルム映写機での上映ではなく、映画の撮影段階からビデオで撮ったりフィルム画像をデジタル化したりして、プロジェクターでスクリーンに映す。普及が見込まれる立体映像(3D)や、通信衛星などを通じたスポーツや音楽、演劇の中継上映も可能。デジタルシネマを導入したシネコンは全国で急増している。

最新ニュース

写真・図版

日本映画の危機!是枝監督が若手監督育成へ改革提言(2017/9/18)

 新作「三度目の殺人」が公開中の是枝裕和監督(55)が日本映画界に危機感を抱いている。このほど日刊スポーツの取材に応じた。カンヌを始め、新作発表のたびに各国の映画祭から注目される国際派は、映画祭に参加…[続きを読む]

写真

  • 是枝裕和監督(17年9月5日撮影)
  • 「GINZA SIX」の吹き抜け=東京都中央区、柴田悠貴撮影
  • 11月4日に開業する『上野フロンティアタワー』
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ