メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

フランス連続テロ

関連キーワード

  • シャルリー・エブド(2015年01月08日 夕刊)

    風刺画が売り物の仏週刊新聞。前身は1960年に創刊された月刊紙「アラキリ」で、週刊化された後の70年にはドゴール元大統領の死去を巡る表現で発禁になった。その後、現在の題名で再刊し、一時休刊の後、92年に復刊された。AFP通信によると、平均部数は約3万部。昨年12月31日付紙面では、若者が「聖戦」に向かうようになる様子を風刺していた。

  • 仏テロとシャルリー・エブドの風刺(2015年02月02日 朝刊)

    イスラム過激派とみられる兄弟が1月7日、イスラム教の預言者ムハンマドを風刺していたフランスの週刊新聞「シャルリー・エブド」の記者ら12人を殺害。8日には、連携した男も警察官を殺害して逃走した。翌日、立てこもった兄弟と男が射殺され、その際に人質4人が犠牲になった。フランスでは370万人がテロを非難して行進。多くの人が「私はシャルリー」と表現の自由を訴えた。同紙はムハンマドが涙する風刺画を表紙にした特別号を刊行した。

  • フランスの連続テロ(2015年03月03日 朝刊)

    1月7日、風刺画を売り物とする仏パリの週刊新聞「シャルリー・エブド」が襲撃され、編集幹部や記者、風刺画家、警官らが犠牲になった。襲撃した2人の容疑者はその後、パリ郊外で人質を取って立てこもった。ほぼ同時にパリ東部でも別の容疑者による立てこもり事件が発生。3容疑者はそれぞれ当局が射殺、三つの事件で計17人が犠牲になった。3容疑者はいずれもイスラム過激思想に染まっていた。

写真

兵士1万人・カバン検査…戻らぬ平穏 仏連続テロ1カ月(2015/02/07)

  仏週刊新聞「シャルリー・エブド」が先月7日に襲撃されるなど、計17人が犠牲になったフランスの連続テロ事件から1カ月になる。この間、過激派組織「イスラム国」に邦人2人が殺害されたとみられる事件が起き、日本人もテロの標的になった。連続テロに見……[続きを読む]

最新のニュース

連載「暗転のパリから」

(時事小言)藤原帰一

仏連続テロ事件 主な動き

【欧米・豪州での最近のテロ関連事件】

最新ニュース

ベルギーのテロで心配される日本の核施設の脆弱性(2016/05/17)

  もし日本の原発がテロリストに狙われたら--。 そんな心配が他人事とは思えない情報が発覚した。約370人の死傷者を出した3月のベルギー連続テロで、自爆死した兄弟が原子力施設の襲撃を[続きを読む]

写真

  • 「ファシズム的な動きを感じます。予兆は必ず、明るく楽観的な顔で忍び寄ってきます」=東京都内、山本和生撮影
  • 爆発があったブリュッセルの地下鉄駅の近くで22日、けが人を搬送する救急隊員=AP
  • 爆発があったブリュッセルの地下鉄駅の近くで22日、けが人を搬送する救急隊員=AP
  • リトゥンアフターワーズの山縣良和さんとTex.Boxの澤利一さん
  • ミシェル・ビビオルカ氏=東京都港区
  • 安保法制をめぐり国会前でデモ
  • 舞台「ジハード」の上演後、観客にあいさつをするイスマエル・サイディさん(左から2人目)=いずれもブリュッセル、吉田美智子撮影
  • 田中恵利佳さん=高橋一徳撮影
  • イスラム教徒が多く住むブリュッセル西部モランベークでは11月、パリ同時多発テロの犠牲者を追悼する集会が開かれた。参加者は「イスラム教徒はテロリストではない」と訴えた=吉田美智子撮影
  • ブリュッセル西部モランベークでは11月、パリ同時多発テロ犠牲者を追悼する集会が開かれた
  • ブリュッセルの欧州連合(EU)本部で「難民受け入れ反対」を力説するオルバン=10月25日、喜田尚撮影
  • 強まるフランスのテロ対策
  • 強まるフランスのテロ対策
  • 「2016年は国連新事務総長も選ぶ年。ルールなき時代に調停役を担える人を」=ブリュッセル、稲垣岳彦氏撮影
  • 仏北部エナンボモンで6日、地域圏議会選挙の第1回投票の後に声明を出す国民戦線のマリーヌ・ルペン党首=AP
  • パリ同時多発テロ後のシリアでの対IS軍事参加
!

PC版トップページ変更、「ライフ」ジャンル新設のお知らせ(5/18)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】壁紙の上から壁紙を張る?

    賃貸でもOKのプチリフォーム

  • 【&TRAVEL】自家用機で行く豪華リゾート

    楽園ビーチ探訪

  • 【&M】この夏、パナマってみる

    やんちゃジジイの艶出し講座

  • 【&w】女性のための車がデビュー

    DS×ジバンシイ〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム吉沢悠のコミック履歴書

    「墓場鬼太郎」が新鮮だった

  • WEBRONZA「受賞は迷惑」発言の真意は

    蓮實重彦さんの文学的行為

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドル

    伝説の美少女たちは今

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ