現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. トピックス
  3. シーベルト

シーベルト

最新ニュース

甲状腺の被曝、解明の途上 福島県民は30ミリ以下か

1月末のシンポジウムでは、大半の福島県民は30ミリシーベルト以下という推計結果が中間報告された。推計の精度を高めるには課題も山積している。 ■セシウム比でヨウ素推計 放射性ヨウ素は半減期が8日と短く、…(2013/02/14)

避難区域外の児童生徒等の放射線防護についての一考察 ―― 学校再開問題と20ミリシーベルト問題の検証から 西崎伸子

そして学校利用判断の基準値となった「20ミリシーベルト問題」。政策決定者と専門家の意思決定のプロセスが不透明であり、住民とのリスクコミュニケーションも行われずにいた。望ましい意思決定プロセスとは? 意…(2013/02/14)

取手市、住宅地除染へ線量測定 環境省の補助事業 茨城

取手市、住宅地除染へ線量測定 環境省の補助事業 茨城 宅地除染のため放射線量を測る作業員=取手市 取手市は12日から、住宅地の放射線量を測り、地上1メートルで毎時0・23マイクロシーベルト以上の地点を…(2013/02/13)

原発事故と調査報道を考える 奥山俊宏(朝日新聞記者)×藍原寛子

線量が仮に毎時100マイクロシーベルトだというときにどう行動するべきか。人によって状況によって異なると思います。逃げるべきか、それとも、とどまるべきか。福島第一原発事故では、避難の途中に亡くなった人が…(2013/02/05)

高放射線量の廃棄物、不法投棄 鳥取市の市道脇斜面

粘着テープが覆いかぶさっている=県提供 県は30日、鳥取市岩倉の市道脇の斜面に不法投棄された廃棄物から毎時24マイクロシーベルトの放射線量が測定された、と発表した。自然界の約500倍にあたる高い線量で…(2013/01/31)

ローカル用:今村明男さん、マサエさん夫婦

2年ぶりに我が家で年越し 全村避難中の福島・飯舘

自宅周辺の除染は進まず、空間線量は玄関前で毎時2マイクロシーベルトを超えるという。妻のマサエさん(63)は娘から「子どもを連れて実家には行けないと言われた」と寂しそうに話した。 大みそかは、郷土料理の…(2012/12/31)

原発事故の避難基準、年明けに先送り 規制委検討会

規制委が13日に示した基準案は、放射線の測定値が毎時500マイクロシーベルトに達すると、5キロ圏外の住民を避難または屋内に退避させる。国際原子力機関(IAEA)の基準は1千マイクロで、その半分と厳しく…(2012/12/27)

肥満傾向児は全国的には減少傾向になっている=文部科学省調べ

福島の子、肥満傾向高く 体育・屋外活動制限、影響か

関連リンク 原発事故の被曝健康調査、国直轄で 福島県医師会が要望(12/6) 福島の子どもの甲状腺検査、10月から全国で実施(9/6) 甲状腺被曝、最高35ミリシーベルト いわきの子ども(2/21) …(2012/12/25)

泊原発の放射性物質拡散予測図

放射性物質拡散予測、ずさんな作業 原子力規制委の訂正

また、新潟県十日町市は最初の公表でその場にとどまると1週間で100ミリシーベルト被曝(ひばく)する地域とされたが、10月29日の訂正で外れ、12月13日の再訂正で再び入り、大混乱した。 相次ぐ訂正は、…(2012/12/21)

泊原発の放射性物質拡散予測図

放射性物質拡散予測図、16原発の主な訂正内容

16原発の放射正物質拡散予測図を再掲 【北海道電力・泊】 現地にとどまった場合に1週間で100ミリシーベルト被曝(ひばく)する原発からの最大距離を16方位で示したうち、12方位訂正。距離を縮小した。 …(2012/12/21)

反対住民、搬入路ふさぐ 震災がれき焼却灰 富山

空間放射線量は、実施前が0.05~0.07マイクロシーベルト、焼却中は0.04~0.08マイクロシーベルト(いずれも毎時)で、「これまでの灰と大差なく安全な基準であることが確認された」としている。 焼…(2012/12/19)

がれき試験焼却、空間線量率異常なし 富山

空間線量率は毎時0.07マイクロシーベルトで、特に異常な数値は計測されなかったという。 がれきは測定後、富山地区広域圏事務組合(富山市など5市町村)の焼却施設「富山地区広域圏クリーンセンター」(立山町…(2012/12/16)

除染の地域指定から解除 群馬・福島の3町村

除染の地域指定から解除 群馬・福島の3町村 【井上実于、森治文】環境省は14日、東京電力福島第一原発の事故による被曝(ひばく)線量が年1ミリシーベルト以上の「汚染状況重点調査地域」に指定された群馬県み…(2012/12/14)

泊原発の放射性物質拡散予測図

放射性物質拡散予測、全16原発で訂正 原子力規制委

防災計画を作る判断となる、被曝(ひばく)が1週間で100ミリシーベルトに達する自治体の修正は五つ。北海道倶知安町、岩内町、鹿児島県阿久根市を外し、新潟県十日町市、長崎県佐世保市を加えた。十日町市は最初…(2012/12/13)

警戒区域通過へ通行証発行 業者ら向け 福島

現地対策本部によると、南相馬市から楢葉町まで国道6号を通過したところ、受けた放射線量は1時間ほどで約5マイクロシーベルトだったという。 警戒区域通過へ通行証発行 業者ら向け 福島…(2012/12/13)

年間被曝百ミリSv超、20代1.2% 福島第一作業員

発がんリスクが上がる100ミリシーベルトを超えて被曝した割合が最も高いのは、20代で1.22%だった。30〜50代もそれぞれ1%近くが、100ミリより多く被曝していた。 東電が世界保健機関(WHO)に…(2012/12/07)

原発事故の被曝健康調査、国直轄で 福島県医師会が要望

関連リンク 福島の健康調査「不十分」国連人権理事会の助言者が指摘(11/27) 福島のがんリスク、明らかな増加見えず WHO予測報告(11/25) 福島県北で高い外部被曝量 1人が11ミリシーベルト(…(2012/12/06)

日本災害復興学会エクスカーション ―― 飯舘村コース 藍原寛子

ただし除染が課題で、国は年間被ばく量1ミリシーベルトを目指して除染するというが、村は5ミリシーベルトでいいという。何を信じていいのか心配な声も挙がっている…(2012/12/05)

作業員の甲状腺局所の線量

甲状腺被曝、最高1万2千ミリシーベルト WHO報告書

甲状腺被曝、最高1万2千ミリシーベルト WHO報告書 作業員の甲状腺局所の線量 【大岩ゆり】東京電力福島第一原発事故の復旧作業で、最高1万1800ミリシーベルトの甲状腺被曝(ひばく)をした作業員がいた…(2012/12/01)

PR情報

写真

  • ローカル用:今村明男さん、マサエさん夫婦
  • 肥満傾向児は全国的には減少傾向になっている=文部科学省調べ
  • 泊原発の放射性物質拡散予測図
  • 泊原発の放射性物質拡散予測図
  • 泊原発の放射性物質拡散予測図
  • 作業員の甲状腺局所の線量

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報