メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ジカ熱(ジカウイルス感染症)

写真・図版

ジカ熱、川崎の男子高校生が感染 緊急宣言以降で国内初 (2016/2/25)

厚生労働省と川崎市は25日、ブラジルに滞在歴のある市内の10代の男子高校生がジカウイルス感染症(ジカ熱)と診断されたと発表した。国内で感染者が確認されたのは、世界保健機関(WHO)が2月1日に緊急事態を宣言して以降では初めて。高校生はブラ…[続きを読む]

  • 写真・図版

    流行中の「ジカ熱」どんな病気なの?(2016/2/6)

    ■ウイルスが原因。かぜに似ていて、8割は症状が出ないよ コブク郎 ジカ熱が騒(さわ)ぎになっているね。 A 流行する中南米を訪れて感染(かんせん)し、帰国後に発症(はっしょう)する人が米国や豪州(ごう…[続きを読む]

関連キーワード

  • ジカウイルス感染症(ジカ熱)と小頭症(2016年03月18日 朝刊)

    ジカ熱は蚊が媒介する感染症で、昨年からブラジルを中心に中南米で急拡大。WHOは、1年間で300万〜400万人が感染する恐れがあると警告している。症状は発熱や発疹だが、妊婦が感染すると、脳の発達が不十分で深刻な障害を起こす「小頭症」の新生児が生まれる危険性が指摘されている。ブラジルでは昨年以降、小頭症児が急増している。

最新ニュース

科学館がグローバルな課題の解決に乗り出した(2017/9/5)

 「科学館」と聞くと、どのような印象をもつだろうか。私自身、科学館業界に15年間身を置いているが、当初は「子供のための施設」「学校の理科教育では学習できないことを展示や実験などを通して補完する施設」と…[続きを読む]

!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ