メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

スイス

関連キーワード

  • スイスの金持ち優遇税制(2012年02月07日 朝刊)

    年収が原則200万スイスフラン(1億6千万円)以上の外国人を対象に、各州が所得税と資産税を低く計算するもので「納税取引」と呼ばれる。働かず、1年のうち半年以上その州に住めば、母国での収入や資産には課税しない。代わりに、スイスの住居を賃貸した場合の「家賃の5倍」をその人の資産総額とみなし、その分の税を払う。母国で所得税などを払うより9割以上の節税になるとされる。

  • スイスの金融産業(2012年10月30日 朝刊)

    国内総生産(GDP)の10.6%(2011年)を占める。ジュネーブやチューリヒの金融街には、富裕層向けのプライベートバンクが軒を連ねる。現金自動出入喫ATM)やキャッシュカードはなく、顧客から預かった資産を運用し、増やすことが主な業務だ。口座を開く際に求められる資金は最低でも100万スイスフラン(約8500万円)が相場とされる。

  • ローマクラブ(2015年09月06日 朝刊)

    スイスに本部を置く民間のシンクタンク。1972年に地球の持続可能性に警鐘を鳴らした「成長の限界」を出したことで知られる。正会員の任期は5年で、現在の会員は小宮山宏・元東京大学総長ら約100人。

最新ニュース

(フロンティア2.0)「不便」だけど魅力の宝庫? 米本土から切り取られた町(2017/1/17)

 約170年前、米国本土から切り取られてしまったワシントン州ポイントロバーツ。カナダを通らないと行かれないこの町には、国境ならではのビジネスが栄えています。奇妙な町の一風変わった生活の様子を先週に引き[続きを読む]

スイスをコトバンクで調べる

写真

  • 届いた荷物がずらりと並ぶ受取所の倉庫。客はカナダ側から国境を越えて受け取りに来る=ポイントロバーツ、宮地ゆう撮影
  • 「ショコラな人々」(15個入り/8,500円)
  • 1回戦を突破し、観客の声援に応える錦織=AP

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ボールでパシャ!

    話題のVR撮影にチャレンジ

  • 【&TRAVEL】沖縄で人気のフードフェス

    蓬萊島の誘惑

  • 【&M】川瀬俊郎さんの別腹

    「松前屋」のきうひ昆布

  • 【&w】「自分を信じること大切に」

    綾瀬はるか 今年のテーマを語る

  • ブック・アサヒ・コム門井慶喜が二条城を訪ねる

    「寂しいといえば寂しい」

  • WEBRONZA「トランポノミクス」の行方

    世界中が返り血を浴びる?

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ