メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ステロイド

関連キーワード

  • ステロイド(2009年03月07日 朝刊)

    内服剤や注射液、塗り薬などがあり、ぜんそく、関節炎、皮膚炎などの治療薬として使われる。筋肉を増強したり、筋肉疲労を早く回復させたりするなどの効果がある。過剰な摂取により、筋力低下やケガを招きやすくなるともいわれる。肝臓や心臓の疾患、生殖能力低下、攻撃的な行動、精神障害などの副作用も報告されている。

  • ステロイド混入問題(2014年08月08日 朝刊)

    ステロイドが入っていない漢方クリーム」と虚偽の広告をしていたとして、横浜市が2月、横浜市都筑区の山口医院に行政指導をしたことで問題が発覚。県警は4月、不正競争防止法違反容疑で同医院を家宅捜索した。東京地裁は7月14日、同医院の破産手続きを開始する決定をした。漢方クリーム購入者への返金方針は示しており、詳細は管財人のHP(http://www8.ocn.ne.jp/〜ykhasan/9423.html)。

  • アトピー性皮膚炎(2008年08月21日 夕刊)

    かゆみを伴う発疹が、顔や首、ひじやひざなどに繰り返し出るアレルギー疾患。一般的に、「ステロイド」を塗って炎症を抑える薬物療法と、炎症予防のため皮膚を清潔にし保湿する治療を併用する。ステロイドを使いすぎると、皮膚の萎縮(いしゅく)など副作用もあるため、日頃から十分に保湿して炎症を起こりにくくすることが治療の基本とされる。

最新ニュース

顔の右側が麻痺 まぶたや口が動かしにくい(2017/4/20)

 80歳の女性。昨年11月に突然、顔面の右側の筋肉が動かなくなり、顔面神経麻痺(まひ)と診断されました。ステロイドの点滴を受け、薬を飲んでいますが、まぶたや口が動かしにくく、涙が出たり、食事がとりにく[続きを読む]

ステロイドをコトバンクで調べる

写真

  • 松代直樹さん
  • 尿検査で使用されている容器。2016年12月撮影=AP
  • ホームランを放つバリー・ボンズ=AP
  • 尿検査で使用されている容器=AP
  • 企業とNPOが共同で行ったアレルギー啓発授業。花粉症などアレルギーの仕組みを学び、どのような対策を取ればいいか話し合った=2月13日、千葉市の千葉大付属中
  • 松根彰志(まつね・しょうじ)さん=日本医科大学教授(耳鼻咽喉科学)、日本医科大武蔵小杉病院(川崎市)耳鼻咽喉科部長、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会事務局長
  • 湯田厚司(ゆた・あつし) 三重大付属病院教授などを経て2011年にゆたクリニック開設。日本耳鼻咽喉(いんこう)科学会などの専門医
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】視界に浮かぶスクリーン

    新型スマートグラス

  • 【&TRAVEL】記念展示やグッズがいっぱい

    スヌーピー博物館1周年

  • 【&M】砂漠の架空都市と巨大アート

    BURNING MAN

  • 【&w】パリのカフェ猫案内

    フォトギャラリー

  • ブック・アサヒ・コム女優のん「コミック感想文」

    80年代のアイテムが楽しい

  • WEBRONZA宇宙飛行士ただいま訓練中

    油井亀美也さんがリポート

  • 写真

    ハフポスト日本版 外国人が撮った江戸の人々

    西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ