メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ステロイド

関連キーワード

  • ステロイド(2009年03月07日 朝刊)

    内服剤や注射液、塗り薬などがあり、ぜんそく、関節炎、皮膚炎などの治療薬として使われる。筋肉を増強したり、筋肉疲労を早く回復させたりするなどの効果がある。過剰な摂取により、筋力低下やケガを招きやすくなるともいわれる。肝臓や心臓の疾患、生殖能力低下、攻撃的な行動、精神障害などの副作用も報告されている。

  • ステロイド混入問題(2014年08月08日 朝刊)

    ステロイドが入っていない漢方クリーム」と虚偽の広告をしていたとして、横浜市が2月、横浜市都筑区の山口医院に行政指導をしたことで問題が発覚。県警は4月、不正競争防止法違反容疑で同医院を家宅捜索した。東京地裁は7月14日、同医院の破産手続きを開始する決定をした。漢方クリーム購入者への返金方針は示しており、詳細は管財人のHP(http://www8.ocn.ne.jp/〜ykhasan/9423.html)。

  • アトピー性皮膚炎(2008年08月21日 夕刊)

    かゆみを伴う発疹が、顔や首、ひじやひざなどに繰り返し出るアレルギー疾患。一般的に、「ステロイド」を塗って炎症を抑える薬物療法と、炎症予防のため皮膚を清潔にし保湿する治療を併用する。ステロイドを使いすぎると、皮膚の萎縮(いしゅく)など副作用もあるため、日頃から十分に保湿して炎症を起こりにくくすることが治療の基本とされる。

最新ニュース

アストラゼネカの生物学的製剤FASENRA(ベンラリズマブ)米国食品医薬品局(FDA)の承認を取得。コントロール不良の好酸球性重症気管支喘息治療薬として(2017/11/17)

好酸球を正確に標的にして速やかに除去する8週間間隔投与のアストラゼネカ初の呼吸器疾患の生物学的製剤年間喘息増悪率を最大51%低下、呼吸機能の有意な改善、および維持療法としての経口ステロイド薬一日投与量…[続きを読む]

写真

  • 幸野健さん
  • 第3戦で二回途中4失点と乱れたドジャースのダルビッシュ=AFP時事
  • 口内炎とは
  • 愛犬のリリイと一緒に談笑する岡本芳和さんと久奈さん=2017年8月、神戸市
  • 蒜山(ひるぜん)高原をツーリングする岡本芳和さん、久奈さん夫婦=2017年9月、岡本さん提供
  • 陽夏乃ちゃんのおもちゃの聴診器を借りてリラックスさせる主治医の笠原群生さん=2017年8月、国立成育医療研究センター
  • 笠原さんの診察を受ける陽夏乃ちゃん。両親が見守る=2017年8月1日、国立成育医療研究センター
  • 笠原さんの診察を受ける陽夏乃ちゃん。両親が見守る=2017年8月1日、国立成育医療研究センター
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】スマホと一眼のいいとこ取り

    人気の1インチデジカメ

  • 写真

    【&TRAVEL】元大統領料理番が監修

    海上のグルメワールド〈PR〉

  • 写真

    【&M】つみたてNISAを学ぼう

    「草食投資隊」イベント開催!

  • 写真

    【&w】可愛いだけじゃないんです

    必死すぎるネコ

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「リベラル」とは何か

    保守との対立の基本構図

  • 写真

    WEBRONZAみんなが嫌いな検査・評価

    常態化する検査不正の背景

  • 写真

    アエラスタイルマガジン靴と鞄は、大人の装いの要諦

    ピエール アルディの靴と鞄

  • 写真

    T JAPAN世界への警鐘を鳴らし続ける

    トレヴァー・パグレンのアート

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ