メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

スペイン

関連キーワード

  • スペイン風邪(2009年09月30日 朝刊)

    1918(大正7)年から20年にかけて、全世界で猛威を振るった新型インフルエンザ(H1N1型)。アメリカに端を発して、第1次世界大戦中のヨーロッパなどに広がり、2千万〜4千万人が死亡したといわれる。20世紀中に3回あった新型インフルエンザの大流行の中で最悪だった。日本では1918年秋から本格的に流行し始め、同年末と1920年初頭の2回のピークがあった。内務省衛生局の調べで、国民の4割の2300万人が感染し、39万人が死亡したとされる。最近の研究では、死者はもっと多く、45万〜48万人といわれる。朝日新聞は当初は「西班牙(スペイン)感冒(かぜ)」などと書いたが、その後は「流行性感冒(流感)」「悪性感冒」などの呼称が一般的になった。

  • スペイン内戦(2010年10月01日 朝刊)

    スペインでは1936年に左派の人民戦線内閣が誕生。左右の対立が激化し、軍が各地で蜂起した。モロッコの反乱軍を率いたフランコ将軍が実権を握り、独伊軍の支援も得て次第に優勢に。米作家ヘミングウェーや仏作家マルローが義勇兵として人民戦線側に立って戦ったが、反乱軍が勝利を収め、フランコ独裁体制が確立された。

  • スペインの闘牛(2010年11月05日 朝刊)

    起源ははっきりしないが、馬に乗って野生の牛をやりで突く中世貴族の風習が現在の闘牛の前身とする説もある。シーズンは3〜10月。各興行には3人の正闘牛士が2回ずつ出場し、6頭の雄牛と対決する。闘牛士が赤い布で牛を巧みにかわし、剣を突き刺す。華麗さによって称賛や賞金を得る。スペイン領内では1991年、大西洋のカナリア諸島で初めて禁止された。

最新ニュース

「もう1回」流暢な日本語でスケート指導 米のブラウン(2017/4/23)

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦に出場した選手が23日、東京・代々木競技場でスケート教室を開いた。将来有望な日本のジュニア選手らにジャンプやスピンの技術を教えた。 前日の女子フリーで世界最高得点を[続きを読む]

写真

  • ジャンプの跳び方をアドバイスするエフゲニア・メドベジェワ
  • 仏大統領選 主要候補と公約
  • 仏大統領選 主要候補と公約
  • 授賞式に登壇した、小説部門受賞者の小野寺秀樹氏(中央)と大石ロミー氏(中央右)、ノンフィクション部門受賞者の安本篤人氏(右から3人目)
  • 有識者会議の第1次ヒアリングに応じた専門家16人の見解/第2次ヒアリングに応じた専門家4人
  • エンリク・ルビオさん(中央)が見守る中、自分の絵を貼りつける園児ら=舞鶴市浜
  • 鶴岡の食材を使った料理を披露したビルバオ市のシェフ(後列の中央3人)と地元の若手料理人たち=20日夜、鶴岡市
  • 欧州CLで初の連覇を目指すレアル・マドリード。CL通算100得点を挙げ、好調のロナルドがチームを引っ張る=AFP時事
  • 独ビールの祭典@お台場
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】SNS投稿も簡単!

    EOS Mシリーズ最新作

  • 【&TRAVEL】元気ださにゃんばい、九州!

    「旅猫ニャン吉」写真集

  • 【&M】盆おどりに魅せらせて

    中村 中さんの「私の一枚」

  • 【&w】東コレを写真で一挙に

    17年秋冬東京コレクション

  • ブック・アサヒ・コム春は旅立ちの季節

    作家・上田岳弘がひもとく本

  • WEBRONZA真央が現役を続けていたら…

    昨季、過去最高レベルだった

  • 写真

    ハフポスト日本版 外国人が撮った江戸の人々

    西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ