メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

スペイン

関連キーワード

  • スペイン風邪(2009年09月30日 朝刊)

    1918(大正7)年から20年にかけて、全世界で猛威を振るった新型インフルエンザ(H1N1型)。アメリカに端を発して、第1次世界大戦中のヨーロッパなどに広がり、2千万〜4千万人が死亡したといわれる。20世紀中に3回あった新型インフルエンザの大流行の中で最悪だった。日本では1918年秋から本格的に流行し始め、同年末と1920年初頭の2回のピークがあった。内務省衛生局の調べで、国民の4割の2300万人が感染し、39万人が死亡したとされる。最近の研究では、死者はもっと多く、45万〜48万人といわれる。朝日新聞は当初は「西班牙(スペイン)感冒(かぜ)」などと書いたが、その後は「流行性感冒(流感)」「悪性感冒」などの呼称が一般的になった。

  • スペイン内戦(2010年10月01日 朝刊)

    スペインでは1936年に左派の人民戦線内閣が誕生。左右の対立が激化し、軍が各地で蜂起した。モロッコの反乱軍を率いたフランコ将軍が実権を握り、独伊軍の支援も得て次第に優勢に。米作家ヘミングウェーや仏作家マルローが義勇兵として人民戦線側に立って戦ったが、反乱軍が勝利を収め、フランコ独裁体制が確立された。

  • スペインの闘牛(2010年11月05日 朝刊)

    起源ははっきりしないが、馬に乗って野生の牛をやりで突く中世貴族の風習が現在の闘牛の前身とする説もある。シーズンは3〜10月。各興行には3人の正闘牛士が2回ずつ出場し、6頭の雄牛と対決する。闘牛士が赤い布で牛を巧みにかわし、剣を突き刺す。華麗さによって称賛や賞金を得る。スペイン領内では1991年、大西洋のカナリア諸島で初めて禁止された。

最新ニュース

日本代表、合宿始まる サッカー(2017/5/29)

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選に臨む日本代表の合宿が28日、千葉県内で始まった。海外組のうちDF吉田(サウサンプトン)らが参加。スペイン1部最終節のバルセロナ戦で右足首を痛めたFW乾[続きを読む]

スペインをコトバンクで調べる

写真

  • 総合優勝したオスカル・プジョル
  • F1モナコGP決勝で走行するセバスチャン・フェテル=モンテカルロ(AP=共同)
  • アルコルコン戦の前半、移籍後初ゴールを決めるテネリフェの柴崎(左)=アルコルコン(共同)
  • HUNTING WORLD18春夏コレクション
  • スペイン国王杯のトロフィーを掲げるバルセロナのメッシ(左)とイニエスタ=27日、マドリード(ロイター=共同)
  • 前半、ゴール前に攻め込む堂安(手前)
  • ブルガリアから帰国し、取材に応じるサッカー日本代表の加藤恒平
  • 第2ラウンド、通算1オーバーの33位で予選を通過した池田勇太=コロニアルCC(共同)
  • ポルト酒ソースのハンバーグ=写真・篠田英美
  • 映画「息の跡」(C) 2016 KASAMA FILM+KOMORI HARUKA
  • (左から)宇野昌磨、メドベジェワ、羽生結弦
  • アイスショーに出演し、来季のSPを披露する宇野昌磨=北村玲奈撮影
  • 記者会見でポーズを取る清武(右)らセ大阪とセビリアの関係者=増田啓佑撮影
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】土屋鞄製造所の鞄職人レポ

    予約で売り切れる鞄の正体は?

  • 【&TRAVEL】蒸し暑い日本の夏から脱出!

    羽田からNZへ直行便〈PR〉

  • 【&M】テコンドー・松井優茄さん

    細い体から強烈な上段蹴り

  • 【&w】くるり岸田繁が交響曲に挑戦

    岸田 繁インタビュー

  • ブック・アサヒ・コム山下大輝「コミック履歴書」

    少女漫画を読んだこともある…

  • WEBRONZA星野源、どこが凄いのか?

    まさに「マルチタレント」

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ