メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

スペイン

関連キーワード

  • スペイン風邪(2009年09月30日 朝刊)

    1918(大正7)年から20年にかけて、全世界で猛威を振るった新型インフルエンザ(H1N1型)。アメリカに端を発して、第1次世界大戦中のヨーロッパなどに広がり、2千万〜4千万人が死亡したといわれる。20世紀中に3回あった新型インフルエンザの大流行の中で最悪だった。日本では1918年秋から本格的に流行し始め、同年末と1920年初頭の2回のピークがあった。内務省衛生局の調べで、国民の4割の2300万人が感染し、39万人が死亡したとされる。最近の研究では、死者はもっと多く、45万〜48万人といわれる。朝日新聞は当初は「西班牙(スペイン)感冒(かぜ)」などと書いたが、その後は「流行性感冒(流感)」「悪性感冒」などの呼称が一般的になった。

  • スペイン内戦(2010年10月01日 朝刊)

    スペインでは1936年に左派の人民戦線内閣が誕生。左右の対立が激化し、軍が各地で蜂起した。モロッコの反乱軍を率いたフランコ将軍が実権を握り、独伊軍の支援も得て次第に優勢に。米作家ヘミングウェーや仏作家マルローが義勇兵として人民戦線側に立って戦ったが、反乱軍が勝利を収め、フランコ独裁体制が確立された。

  • スペインの闘牛(2010年11月05日 朝刊)

    起源ははっきりしないが、馬に乗って野生の牛をやりで突く中世貴族の風習が現在の闘牛の前身とする説もある。シーズンは3〜10月。各興行には3人の正闘牛士が2回ずつ出場し、6頭の雄牛と対決する。闘牛士が赤い布で牛を巧みにかわし、剣を突き刺す。華麗さによって称賛や賞金を得る。スペイン領内では1991年、大西洋のカナリア諸島で初めて禁止された。

最新ニュース

写真・図版

バド奥原、準決勝を棄権 ダイハツ・ヨネックスオープン(2017/9/23)

 バドミントンのダイハツ・ヨネックスオープンで、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)が23日、右ひざのけがのため、リオデジャネイロ五輪金メダルのカロリナ・マリン(スペイン)との準決勝を棄権した。記…[続きを読む]

写真

  • 時折声を詰まらせ、棄権を発表した奥原希望=東京体育館
  • 羽生結弦の男子SPの演技=北村玲奈撮影
  • 気迫の表情で男子SPの演技を終える羽生結弦。自身が持つ世界歴代最高得点を更新した=モントリオール(共同)
  • レアル・マドリードのロナルド=6月、英カーディフ(ゲッティ=共同)
  • メキシコ市南部で20日、学校が倒壊した現場で生き埋めになった子どもたちを捜す人たち=田村剛撮影
  • クロワッサンキッシュ=写真・篠田英美
  • 国連環境計画のアヒム・シュタイナー事務局長から像を受け取る宮本勝彬・水俣市長(いずれも当時)=2013年10月11日、熊本市中央区
  • 周辺4カ国からの断交を受けて、カタールの首都ドーハの市場にはタミム首長への支持を表明する旗が飾られた=渡辺淳基撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ