メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

スペイン

関連キーワード

  • スペイン風邪(2009年09月30日 朝刊)

    1918(大正7)年から20年にかけて、全世界で猛威を振るった新型インフルエンザ(H1N1型)。アメリカに端を発して、第1次世界大戦中のヨーロッパなどに広がり、2千万〜4千万人が死亡したといわれる。20世紀中に3回あった新型インフルエンザの大流行の中で最悪だった。日本では1918年秋から本格的に流行し始め、同年末と1920年初頭の2回のピークがあった。内務省衛生局の調べで、国民の4割の2300万人が感染し、39万人が死亡したとされる。最近の研究では、死者はもっと多く、45万〜48万人といわれる。朝日新聞は当初は「西班牙(スペイン)感冒(かぜ)」などと書いたが、その後は「流行性感冒(流感)」「悪性感冒」などの呼称が一般的になった。

  • スペイン内戦(2010年10月01日 朝刊)

    スペインでは1936年に左派の人民戦線内閣が誕生。左右の対立が激化し、軍が各地で蜂起した。モロッコの反乱軍を率いたフランコ将軍が実権を握り、独伊軍の支援も得て次第に優勢に。米作家ヘミングウェーや仏作家マルローが義勇兵として人民戦線側に立って戦ったが、反乱軍が勝利を収め、フランコ独裁体制が確立された。

  • スペインの闘牛(2010年11月05日 朝刊)

    起源ははっきりしないが、馬に乗って野生の牛をやりで突く中世貴族の風習が現在の闘牛の前身とする説もある。シーズンは3〜10月。各興行には3人の正闘牛士が2回ずつ出場し、6頭の雄牛と対決する。闘牛士が赤い布で牛を巧みにかわし、剣を突き刺す。華麗さによって称賛や賞金を得る。スペイン領内では1991年、大西洋のカナリア諸島で初めて禁止された。

最新ニュース

「感染対策の世界市場:2022年に至る製品サービス別、エンドユーザー別予測」リサーチ最新版刊行(2018/1/24)

【レポート紹介】感染対策の世界市場規模は2017年で153億5000万ドルと推計され、今後2022年には210億ドル市場に達するとレポートでは予測しています。製薬、病院、医療機器企業による減菌処理のア…[続きを読む]

写真

  • PKを決めるマンチェスター・ユナイテッドのブリント(右)=マンチェスター(AP=共同)
  • 全豪オープンで4強入りを果たしたマクラクラン・ベン(右)、ヤンレナルト・シュトルフ組=AP
  • ハビエル・フェルナンデスの男子フリーの演技=ロイター
  • ジョコビッチを破った鄭現=ロイター
  • ジョコビッチに勝利を祝福される鄭現(左)=ロイター
  • マラガ戦の後半、攻め込むエイバルの乾=エイバル(共同)
  • 4回戦で敗れた大坂=ロイター
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】腕時計の新しい潮流

    個性漂うグレーカラー!

  • 写真

    【&TRAVEL】美肌磨きができる箱根の湯

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】超絶ジューシー!

    最後の晩餐(ばんさん)的一杯

  • 写真

    【&w】うっとり夢心地のパン

    このパンがすごい!

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「犬も人間も老いて死ぬ」

    町田康がひもとく物語

  • 写真

    WEBRONZA大谷、エンゼルスは正解か

    順応しやすい環境とチーム事情

  • 写真

    アエラスタイルマガジン130年愛されつづけるパン屋

    部長がすすめる名店を紹介

  • 写真

    T JAPAN詩人、谷川俊太郎の

    仕事と暮らしを読み解く

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ