メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

スマートフォン

関連キーワード

  • スマートフォン——小さなパソコン情報量飛躍(2012年01月28日 朝刊)

    スマートフォンは「電話ができるパソコン」と言える。「スマート」は「賢い」の意味。情報処理能力が高く、インターネットにつないだり、ゲームをしたり、動画を見たりできる。これまでの携帯電話と特に違うのは、端末で動くアプリ(応用ソフト)だ。携帯電話にもゲームなどのアプリはあるが、情報処理能力や画面が小さいこともあり、機能はスマホよりは限られる。その数も、数千〜数万本とみられる。また携帯ではNTTドコモの「iモード」、KDDI(au)の「EZweb」といった携帯会社が設けた独自規格のネットワークを通じてアプリを取り込む。扱うデータ量は小さく、携帯回線への負担も抑えられていた。一方、スマホはパソコンのように一般のインターネットに接続できる。大量のデータをやりとりするアプリもあり、回線への負担が大きくなることもある。このため、ほとんどのスマホでは、携帯電話回線とは別の基地局を通じてネットにつながる「無線LAN」が使える。

  • ピア・エデュケーション(2015年10月23日 朝刊)

    思春期の若者が抱える性の悩みを、同世代の仲間(ピア)が相談役になり、解決を目指す取り組み。県内では高崎健康福祉大や県立県民健康科学大、東京福祉大などの学生らでつくる「群馬ピアカウンセリング研究会」が発足し、HIVやエイズ、性感染症、デートDV、スマートフォン依存などのテーマについて中学や高校で教える活動をしている。

  • ガラパゴス携帯(2010年05月28日 朝刊)

    日本の第2世代携帯電話は独自の通信方式を採用したため、ネット接続、カメラ、電子マネーなど最先端の機能を持ちながら、海外市場では通用しなかった。最近になって、アップルの「iPhone」など高機能のスマートフォンが執と日本市場にも進出。国際競争力に乏しい日本のケータイは「脱ガラパゴス化」を迫られている。

最新ニュース

高知)宿毛フォトコン、今年はインスタグラムでも(2017/1/17)

 「宿毛湾だるま夕日及び宿毛の四季フォトコンテスト」(朝日新聞高知総局など後援)の応募を宿毛市観光協会が募っている。17回目の今回は初めて画像投稿SNS「インスタグラム」を使ったコンテストも同時に開催[続きを読む]

スマートフォンをコトバンクで調べる

写真

  • だるま夕日や宿毛の人々など様々な写真が投稿されたインスタグラムの「#sukumogram」のページ
  • 対談する綿矢りささん(左)と金原ひとみさん=東京都中央区の朝日新聞東京本社、林紗記撮影
  • よしたにのへえぇ

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ボールでパシャ!

    話題のVR撮影にチャレンジ

  • 【&TRAVEL】沖縄で人気のフードフェス

    蓬萊島の誘惑

  • 【&M】川瀬俊郎さんの別腹

    「松前屋」のきうひ昆布

  • 【&w】ベビー服選びのポイントは?

    マタニティーママ必見〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム門井慶喜が二条城を訪ねる

    「寂しいといえば寂しい」

  • WEBRONZA「トランポノミクス」の行方

    世界中が返り血を浴びる?

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ