メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

セシウム

関連キーワード

  • コメの放射性セシウム検査(2011年09月30日 朝刊)

    国が東日本を中心に17都県(東北・関東16都県と新潟県)を指定。収穫後の本検査で国の基準値(1キロあたり500ベクレル)を超えた場合、出荷できない。富山県の独自検査では、てんたかく、コシヒカリともにセシウムは検出されなかった。

  • 放射性セシウム(2011年11月06日 朝刊)

    放射線を出す能力(放射能)を持つ放射性物質の一種。セシウム137の場合、放射能が半分になる期間「半減期」が30年と長い。体内に入ると、将来、がんになる心配があり、食べ物などを通じて取り込まないよう気をつける必要がある。東京電力福島第一原発事故で広範囲に拡散。稲わらやそれを食べた肉牛、汚泥などから高濃度の放射性セシウムが検出された。

  • セシウム汚染マップ(2011年11月12日 朝刊)

    文部科学省が東日本を中心とした各県分について調べ、順次発表している。高感度の放射線検出器を搭載したヘリコプターが上空150〜300メートルを飛び、直径300〜600メートルの円内の測定値を平均化して集計。一部では地上での調査も行い、地表1メートルでの放射線量と地表面の蓄積量を割り出す。長野県の測定は9月24日から10月7日に、のべ23回の飛行で行われた。

最新ニュース

被災地の被曝線量を過小評価してはならない(2017/5/29)

 福島第一原発事故による放射能汚染と個人被曝線量について、福島県立医科大学の宮崎真氏と東京大学の早野龍五氏が昨年12月、研究論文を専門誌に発表した。論文の表題を日本語に訳すと「福島原子力発電所事故の5[続きを読む]

セシウムをコトバンクで調べる

写真

  • 甲状腺超音波検査の説明をする藤田操院長=いわき市小名浜のたらちねクリニック
  • 甲状腺超音波検査の説明をする藤田操院長=いわき市小名浜のたらちねクリニック
  • 試験用の盛り土をつくる場所=福島県南相馬市
  • 試験用の盛り土をつくる場所。空間放射線量の測定や飛散防止措置の検証などをする=福島県南相馬市
  • 汚染土は仮置き場に保管され、中間貯蔵施設に運ばれる日を待つ=3月31日、福島県飯舘村
  • 福島県内の除染で出た汚染土は、農地などの仮置き場に保管され、中間貯蔵施設に運ばれる日を待つ=3月31日、福島県飯舘村
  • 昨年の春、福島県南相馬市で咲いた菜の花(南相馬農地再生協議会提供)
  • 持ち出し禁止が解除されたヒメマスを狙う釣り客=日光市の中禅寺湖
  • 粉砕したほだ木をまく作業員。背後に保管されているほだ木が山積みになっている=登米市
  • 塩化ナトリウムなどを混ぜて黒雲母からセシウムを分離する電気炉=日本原子力研究開発機構提供
  • 試験操業でとれた魚介類の流通<グラフィック・野口哲平>
  • 韓国・古里原発3号機の使用済み核燃料貯蔵プールで火災、爆発が起きた時の放射性物質セシウム137の拡散状況に関するシミュレーション結果(カン・ジョンミン博士提供)
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】切れ味が鋭く、研ぎやすい

    プロが支持する包丁

  • 【&TRAVEL】今夏、島原の乱の舞台へ

    水の都の「宙に浮く鯉」見学

  • 【&M】タイに投資する理由〈PR〉

    政府による全面的なサポート

  • 【&w】涼しくてきちんと感がある

    「アクリス」の服〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム川上未映子が見た村上春樹

    作家が作家に創作について聞く

  • WEBRONZAポスト・トゥルース の深層

    正確な情報より感情が優先

  • 写真

    ハフポスト日本版 中国の纏足、その理由とは

    「男性を魅了するため」という従来の説とは違った見解が出されている。

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ