メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

セシウム

関連キーワード

  • コメの放射性セシウム検査(2011年09月30日 朝刊)

    国が東日本を中心に17都県(東北・関東16都県と新潟県)を指定。収穫後の本検査で国の基準値(1キロあたり500ベクレル)を超えた場合、出荷できない。富山県の独自検査では、てんたかく、コシヒカリともにセシウムは検出されなかった。

  • 放射性セシウム(2011年11月06日 朝刊)

    放射線を出す能力(放射能)を持つ放射性物質の一種。セシウム137の場合、放射能が半分になる期間「半減期」が30年と長い。体内に入ると、将来、がんになる心配があり、食べ物などを通じて取り込まないよう気をつける必要がある。東京電力福島第一原発事故で広範囲に拡散。稲わらやそれを食べた肉牛、汚泥などから高濃度の放射性セシウムが検出された。

  • セシウム汚染マップ(2011年11月12日 朝刊)

    文部科学省が東日本を中心とした各県分について調べ、順次発表している。高感度の放射線検出器を搭載したヘリコプターが上空150〜300メートルを飛び、直径300〜600メートルの円内の測定値を平均化して集計。一部では地上での調査も行い、地表1メートルでの放射線量と地表面の蓄積量を割り出す。長野県の測定は9月24日から10月7日に、のべ23回の飛行で行われた。

最新ニュース

チェルノブイリ原発近くにある湖の水位は下がり、湖底だった地面がむきだしになってきている=4月2日、ウクライナ

放射性物質、再飛散の懸念 チェルノブイリ原発事故から30年(2016/05/05)

 ウクライナのチェルノブイリ原発で起きた史上最悪の事故から30年。周辺に広がる立ち入り禁止ゾーンでは、事故でまき散らされた放射性物質が再び飛散することが今も懸念されている。広い範囲で人の影響が消え、野[続きを読む]

写真

  • チェルノブイリ原発近くにある湖の水位は下がり、湖底だった地面がむきだしになってきている=4月2日、ウクライナ
  • 熊本地震後にネット上で起きた「不謹慎狩り」とは…
  • 熊本地震後にネット上で起きた「不謹慎狩り」とは…
  • ヴラディーミル・チェルトコフさん=兵庫県西宮市、田井中雅人撮影
  • 避難指示解除について村や政府の説明を聞く飯舘村民たち=相馬市大野台
  • 故郷のボロービチ村から避難したスベトラーナさんは、かつて住んでいた家の2階が崩れ落ち、居間には木が生い茂った様子を目にして涙した=3月22日、ウクライナ
  • 4月26日で事故から30年を迎えるチェルノブイリ原発4号炉(中央)。老朽化した「石棺」を覆う新シェルター(右)の建設が進む。原発から約3キロにあるプリピャチは原発職員の街だったが、全住民が避難。市街地の集合住宅(手前)は廃虚と化し、森にのみ込まれてゆく=2日、ウクライナ、杉本康弘撮影
  • 検討されたトリチウム水の処分方法
  • サンプル土壌を採取する講習会の参加者ら=東京都調布市
  • イノシシ専用焼却施設の火入れ式でスイッチを押す立谷秀清・相馬市長(右から2人目)ら関係者=相馬市光陽3丁目
  • 保護区で群れをなすヨーロッパバイソン=29日、ベラルーシ・ゴメリ州、杉本康弘撮影
  • 「ポレーシェ国立放射線生態学保護区」で群れをなすヨーロッパバイソン=29日、ベラルーシ・ゴメリ州、杉本康弘撮影
  • 福島県外に子どもと避難している母親が作ったスライド
  • 「うつしみ」

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】1万円札がバラバラに?

    悲鳴を上げるどっきり貯金箱

  • 【&M】アンガーマネジメント

    不安な気持ちが怒りを生む

  • 【&w】ファッショニスタの逸品

    おしゃれ男子が愛用するのは?

  • ブック・アサヒ・コム震災に向き合う歴史学

    文書を「レスキュー」せよ

  • WEBRONZA奨学金制度、これでいいのか

    学費高騰「実態は学生ローン」

  • 写真

    ハフポスト日本版 MET GALA画像集

    美を競い合うセレブたち

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ