メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

チェルノブイリ

関連キーワード

  • チェルノブイリ原発事故(2012年12月27日 朝刊)

    1986年4月、ウクライナ(旧ソ連)で起きた20世紀最悪の原発事故。4号炉が動作実験中に制御不能となり爆発。ウクライナのほか、ベラルーシ、ロシアに放射性物質が降下し、原発半径30キロメートル圏内が居住禁止区域となった。事故後、放射性物質の漏出を防ぐため、「石棺」と呼ばれるコンクリート製の構造物で原発を覆ったが、老朽化のため、新たなシェルターを建設中。原発の解体と、内部の放射性廃棄物の取り出しには数十年かかるとされる。

  • 菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援(2011年06月18日 朝刊)

    1986年に発生したチェルノブイリ原発事故の被災地・ウクライナでは、原子力の専門家や市民らによるNPO法人「チェルノブイリ救援・中部」(名古屋市)が90年から支援活動を開始。2007年から、ウクライナの研究者らと汚染された農地での菜の花の栽培を始めた。収穫した菜種でディーゼル燃料をつくり、茎や菜種の搾りかすからバイオガスを作る実験もしている。

  • チェルノブイリ医療支援ネットワーク(2011年12月28日 朝刊)

    90年に九州のボランティアらが「チェルノブイリ支援運動・九州」の名で設立。現地への医師派遣や医療機器の支援などを続けてきた。検診活動にもかかわり、97〜10年に甲状腺がんの恐れがあるとして精密検査をした住民は1256人(うち8割が女性)にのぼる。今年9〜10月には20回目となる検診団を現地に派遣、日本医科大学の医師らが参加した。

最新ニュース

米メリーランド大教授のケイト・ブラウンさん=ワシントン、田井中雅人撮影

(核の神話:13)従順な「原子力ムラ」なぜ生まれたか(2016/02/10)

 米国のハンフォードと旧ソ連のマヤ-ク。世界の二大核開発拠点の歴史を研究したケイト・ブラウン米メリーランド大教授(歴史学)に話を聞いた。「マンハッタン計画」から冷戦、チェルノブイリや福島の原発事故。そ[続きを読む]

チェルノブイリをコトバンクで調べる

写真

  • 米メリーランド大教授のケイト・ブラウンさん=ワシントン、田井中雅人撮影
  • 6人は年1度、原発の建設反対運動で知り合った和歌山県日高町の民宿に集まるのが恒例だった。左から川野さん、小林さん、小出さん、1人おいて、今中さん、海老沢さん=2012年8月、今中さん提供、背景を一部修整しています
  • 再稼働した高浜原発3号機(右から二つ目)=29日午後5時36分、福井県高浜町、森井英二郎撮影
  • 除染廃棄物の仮置き場(手前)とJR常磐線木戸駅周辺に立ち並ぶ民家=1月9日、福島県楢葉町、福留庸友撮影
  • 石井秀樹さん
  • JR常磐線木戸駅周辺に立ち並ぶ民家と除染廃棄物の仮置き場。高台の建物は廃炉の研究施設、楢葉遠隔技術開発センター=1月9日、福島県楢葉町、福留庸友撮影
  • 退職講演で約40年の研究生活を振り返る今中哲二助教=大阪府熊取町の京都大原子炉実験所
  • 石田純一さん=山本和生撮影
  • ステージ上で映画の制作経緯を語る鎌仲ひとみ監督=ひたちなか市文化会館
  • トリシャ・プリティキンさん=米ワシントン州ハンフォード郊外、田井中雅人撮影
  • 『チェルノブイリの祈り 未来の物語』
  • 事故後の福島第一原発=米デジタルグローブ提供
  • 建設中の新型高速増殖炉BN800の内部。タンク状の原子炉本体に冷却材の金属ナトリウムが満たされる=ベロヤルスク原発提供
  • 広河隆一さん。今回の映画の題名は自らの写真集「人間の戦場」から取った=世田谷区

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行電源周りをすっきり整理!

    増設できるキューブ型タップ

  • ブック・アサヒ・コム宮下奈都の「羊と鋼の森」

    直木賞の選考委で高い評価

  • 【&M】「ATS-V」発売

    最小のキャデラックVシリーズ

  • 【&w】特別な日のチョコレート

    バレンタインまで、あと4日!

  • WEBRONZA刑法犯、戦後最少のからくり

    8割は窃盗・少年の万引き激減

  • 写真

    ハフポスト日本版 極端に恥ずかしがる…

    北朝鮮で出会った、どこか懐かしい女性たち

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

  • ITで業務がはかどる!差がつくヒントが満載