メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

チェルノブイリ

関連キーワード

  • チェルノブイリ原発事故(2012年12月27日 朝刊)

    1986年4月、ウクライナ(旧ソ連)で起きた20世紀最悪の原発事故。4号炉が動作実験中に制御不能となり爆発。ウクライナのほか、ベラルーシ、ロシアに放射性物質が降下し、原発半径30キロメートル圏内が居住禁止区域となった。事故後、放射性物質の漏出を防ぐため、「石棺」と呼ばれるコンクリート製の構造物で原発を覆ったが、老朽化のため、新たなシェルターを建設中。原発の解体と、内部の放射性廃棄物の取り出しには数十年かかるとされる。

  • 菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援(2011年06月18日 朝刊)

    1986年に発生したチェルノブイリ原発事故の被災地・ウクライナでは、原子力の専門家や市民らによるNPO法人「チェルノブイリ救援・中部」(名古屋市)が90年から支援活動を開始。2007年から、ウクライナの研究者らと汚染された農地での菜の花の栽培を始めた。収穫した菜種でディーゼル燃料をつくり、茎や菜種の搾りかすからバイオガスを作る実験もしている。

  • チェルノブイリ医療支援ネットワーク(2011年12月28日 朝刊)

    90年に九州のボランティアらが「チェルノブイリ支援運動・九州」の名で設立。現地への医師派遣や医療機器の支援などを続けてきた。検診活動にもかかわり、97〜10年に甲状腺がんの恐れがあるとして精密検査をした住民は1256人(うち8割が女性)にのぼる。今年9〜10月には20回目となる検診団を現地に派遣、日本医科大学の医師らが参加した。

最新ニュース

鈴木亨さんと市民風車

(プロメテウスの罠)自然エネ危機:1 先駆者に突然の嵐(2014/11/22)

 ◇No.1104 少し前からうわさは流れていた。しかし、これほど突然に嵐がくるとはだれも思わなかった。 「私たちの風車は大丈夫か」 9月末、市民風力発電(札幌市)社長の鈴木亨(すずきとおる)(57)[続きを読む]

チェルノブイリをコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 鈴木亨さんと市民風車
  • 日本がかかわる海外の主な原発事業
  • 記者会見する伊藤祐一郎知事=7日、県庁、長沢幹城撮影
  • 「原発事故後の不安が家族の潜在的な問題を明らかにして、結果的に前に進めるようになった親子もいます」=福留庸友撮影
  • 松本市立高綱中の生徒たちは、平和学習の取り組みを発表した=同市
  • 第10回永井隆平和記念・長崎賞を受賞した丹羽太貫さん=福島県立医科大提供
  • ミハイル・イワノフ氏(右)とアレクセイ・キリチェンコさん=2007年11月、キリチェンコさん提供
  • 福島県の子どもの甲状腺検査
  • 福島県の子どもの甲状腺検査
  • ジェリー・トーマスさん
  • ウクライナ・フメルニツキにある原発=2008年3月、ロイター
  • 看板やポスターを掲げて川内原発の再稼働反対を訴える参加者たち=鹿児島市千日町、池田良撮影
  • エッフェル塔前で原発への思いを話した遠藤安春花さん(中央)
  • 長崎原爆資料館で説明を受けるインディアナポリス大の学生たち=5月、長崎市
  • 吉田昌郎氏=2011年11月 
  • 事故直後の東京電力福島第一原発3号機(左手前)と4号機(奥)=2011年3月15日撮影、東京電力提供
  • 画・寺門孝之
  • 画・寺門孝之

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング上司に内緒でこたつ導入

    ひとり暖房で冷え知らず

  • ブック・アサヒ・コム追悼・高倉健インタヴューズ

    「幸せになりたい」の重い言葉

  • 愛欲と生死テーマに熱演

    映画「欲動」主演の三津谷葉子

  • 【&w】自分の魅力を生かす化粧とは

    プロが極意を伝授

  • Astand実は常識破りの連続だった!

    インフルワクチン報道

  • 写真

    ハフポスト日本版 画像で比較してみたら…

    アジア人女性たちの「美容整形通い」は止まらない

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報