メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

チェルノブイリ

関連キーワード

  • チェルノブイリ原発事故(2012年12月27日 朝刊)

    1986年4月、ウクライナ(旧ソ連)で起きた20世紀最悪の原発事故。4号炉が動作実験中に制御不能となり爆発。ウクライナのほか、ベラルーシ、ロシアに放射性物質が降下し、原発半径30キロメートル圏内が居住禁止区域となった。事故後、放射性物質の漏出を防ぐため、「石棺」と呼ばれるコンクリート製の構造物で原発を覆ったが、老朽化のため、新たなシェルターを建設中。原発の解体と、内部の放射性廃棄物の取り出しには数十年かかるとされる。

  • 菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援(2011年06月18日 朝刊)

    1986年に発生したチェルノブイリ原発事故の被災地・ウクライナでは、原子力の専門家や市民らによるNPO法人「チェルノブイリ救援・中部」(名古屋市)が90年から支援活動を開始。2007年から、ウクライナの研究者らと汚染された農地での菜の花の栽培を始めた。収穫した菜種でディーゼル燃料をつくり、茎や菜種の搾りかすからバイオガスを作る実験もしている。

  • チェルノブイリ医療支援ネットワーク(2011年12月28日 朝刊)

    90年に九州のボランティアらが「チェルノブイリ支援運動・九州」の名で設立。現地への医師派遣や医療機器の支援などを続けてきた。検診活動にもかかわり、97〜10年に甲状腺がんの恐れがあるとして精密検査をした住民は1256人(うち8割が女性)にのぼる。今年9〜10月には20回目となる検診団を現地に派遣、日本医科大学の医師らが参加した。

最新ニュース

原発事故と規制の変遷

(国策の果て 岐路の原発:4)「ベント」日本は周回遅れ フィルター、海外が先行(2015/03/27)

 東京電力福島第一原発事故で、被害を左右したとされる設備がある。原子炉格納容器に取り付けられた排気装置「ベント」。内部の圧力を下げて壊れるのを防ぎ、放射性物質の大量放出を防ぐ最後のとりでだ。 「なかっ[続きを読む]

チェルノブイリをコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 原発事故と規制の変遷
  • 記者会見する甲状腺検査評価部会の清水一雄部会長(中央)ら=福島市杉妻町
  • 熊谷徹さん
  • ウクライナ放射線医学中央研究所のディミトリ・バジーカ所長
  • 野上照代さん=西田裕樹撮影
  • 「朝の教室」で語る落合恵子さん=東京都港区北青山3丁目、西畑志朗撮影
  • 「小さき声のカノン――選択する人々」
  • 東浩紀さん(左)と川上未映子さん。東さんが経営するゲンロンカフェで=東京・五反田、堀英治撮影
  • 東浩紀さん(左)と川上未映子さん。東さんが経営するゲンロンカフェで=東京・五反田、堀英治撮影
  • NPO法人「コミュニティちゃばたけ」の3歳児託児教室「さくらんぼ」で、庭に積もった雪で遊ぶ子どもたち=福島県川俣町、関田航撮影
  • この日初めてお披露目された福島第一原発の模型を使って、現状について説明する佐々木先生=福島県郡山市、仙波理撮影
  • セシウム(Cs)の行方/食物連鎖による生物濃縮?/Cs汚染土壌の分別<グラフィック・高橋亮知>
  • この日初めてお披露目された福島第一原発の模型を使って、現状について説明する佐々木先生=福島県郡山市、仙波理撮影
  • 映画「小さき声のカノン―選択する人々」(C)ぶんぶんフィルムズ
  • ビキニ環礁での水爆実験に関する資料を見つめる植木勝さん=高知県室戸市、西村奈緒美撮影

注目コンテンツ

  • ショッピング植物の気持ちが分かる?

    スマホで育成をサポート

  • ブック・アサヒ・コム西川美和さんの「言い訳」

    どこまでも苦くて重い愛の物語

  • 【&M】厳しい環境で適応力を磨け

    井原が語る日本サッカーの未来

  • 【&w】これ、なんの足跡?

    LEDで可視化(企画特集)

  • Astandチュニジア博物館テロの背景

    暴力の連鎖を避ける道

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代の映画スターは今

    色あせない銀幕の美女たち

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ