メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

チェルノブイリ

関連キーワード

  • チェルノブイリ原発事故(2012年12月27日 朝刊)

    1986年4月、ウクライナ(旧ソ連)で起きた20世紀最悪の原発事故。4号炉が動作実験中に制御不能となり爆発。ウクライナのほか、ベラルーシ、ロシアに放射性物質が降下し、原発半径30キロメートル圏内が居住禁止区域となった。事故後、放射性物質の漏出を防ぐため、「石棺」と呼ばれるコンクリート製の構造物で原発を覆ったが、老朽化のため、新たなシェルターを建設中。原発の解体と、内部の放射性廃棄物の取り出しには数十年かかるとされる。

  • 菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援(2011年06月18日 朝刊)

    1986年に発生したチェルノブイリ原発事故の被災地・ウクライナでは、原子力の専門家や市民らによるNPO法人「チェルノブイリ救援・中部」(名古屋市)が90年から支援活動を開始。2007年から、ウクライナの研究者らと汚染された農地での菜の花の栽培を始めた。収穫した菜種でディーゼル燃料をつくり、茎や菜種の搾りかすからバイオガスを作る実験もしている。

  • チェルノブイリ医療支援ネットワーク(2011年12月28日 朝刊)

    90年に九州のボランティアらが「チェルノブイリ支援運動・九州」の名で設立。現地への医師派遣や医療機器の支援などを続けてきた。検診活動にもかかわり、97〜10年に甲状腺がんの恐れがあるとして精密検査をした住民は1256人(うち8割が女性)にのぼる。今年9〜10月には20回目となる検診団を現地に派遣、日本医科大学の医師らが参加した。

最新ニュース

草むらと化したムスリュモボ村に「危険ゾーン」の標識が立つ=ロシア・チェリャビンスク州、副島英樹撮影

(戦後70年)核開発競争 消えた村(2015/07/28)

■広島・長崎・核〈下〉 また一つ、村が消えた。 一面の緑のなかに、「危険ゾーン 立ち入り禁止」の標識。そばを流れるテチャ川の川辺に放射線測定器をかざした。警告音が「ピー」と鳴り続け、機器の測定上限の「[続きを読む]

チェルノブイリをコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 草むらと化したムスリュモボ村に「危険ゾーン」の標識が立つ=ロシア・チェリャビンスク州、副島英樹撮影
  • コロンビア川の向こうに、長崎原爆のプルトニウムを生産した原子炉をのぞむ=米ワシントン州ハンフォード、新井卓氏撮影
  • 中国語版「はだしのゲン」を持つ坂東弘美さん=名古屋市天白区
  • 島薗進さん
  • カテリーナさん
  • 凸版印刷の社員らと話をする西村知真さん(右端)=東京都千代田区
  • 脱原発を訴えるアイドルグループの制服向上委員会 (C)De-View
  • 【1970年5月】チッソ本社前で抗議する水俣病患者と家族の代表者たち=東京都千代田区
  • 「誰が福島の責任をとることができるのか」と書いたプラカードを持ってデモ行進する参加者=2011年3月26日、ベルリン
  • 学習会でメンバーと話し合う西村知真さん=福島県郡山市
  • 関電の株主総会会場前は、デモ隊と警備員でごった返していた=25日午前、神戸市中央区、加藤諒撮影
  • 医師国家試験の前日の壮行会で、受験生を下級生と見送る。睡眠対策に半年かけてきた=2月、久留米大学
  • 吉永小百合さん
  • 野口聡一さん=茨城県つくば市、井手さゆり撮影
  • シノップの地元漁師、トゥンジェル・ギュンドゥードゥさん(右)とフェリドゥン・パルラッカヤさん(左)。漁師の多くは原発建設に反対している=5月20日、春日芳晃撮影
  • 原発反対派の漁師バイラム・ドゥルさん=シノップ北郊
  • 小児病棟を訪れ、子どもとタッチを交わすホスピタル・クラウンの大棟耕介さん=名古屋市中村区の名古屋第一赤十字病院、細川卓撮影

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行このリング外せますか?

    上半期ヒット商品ランキング

  • ブック・アサヒ・コム後期高齢者たちが社会に挑む

    オールド・テロリスト/村上龍

  • 【&M】「丸い虹」見た事ある?

    不思議で美しい「空の色彩」

  • 【&w】白焼き、蒲焼き、うなぎ丼…

    料理家・栗原友が丸ごと堪能

  • Astand又吉直樹『火花』と生き方

    封じられる読者のツッコミ

  • 写真

    ハフポスト日本版 「近くて遠い国」

    北朝鮮の女性たち

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

  • ITで業務がはかどる!差がつくヒントが満載