メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ニューヨーク・タイムズ

最新ニュース

写真・図版

ロシア疑惑、バノン氏を大陪審に召喚 捜査協力狙いか(2018/1/17)

 トランプ米政権のロシア疑惑を捜査するマラー特別検察官が、バノン前大統領首席戦略官を大陪審に召喚したことが分かった。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が16日、関係者の話として伝えた。 NYTによる…[続きを読む]

関連キーワード

  • 米国の大麻事情(2015年11月12日 朝刊)

    1996年、カリフォルニア州が全米で初めて医療用の大麻の使用を認め、現在は23州とワシントンDCが医療目的の使用を認めている。娯楽用の使用も認めているのはアラスカ、コロラド、ワシントン、オレゴンの4州。大麻の成分や利用方法の研究が進むにつれ、アルコールやたばこに比べ中毒や依存性が比較的低いなどとして、合法化を支持する声が高まりつつある。ニューヨーク・タイムズ紙も昨年、大麻を禁じる連邦法を撤廃し、州の判断に委ねるべきだとの社説を掲載。今年3月の米調査会社の世論調査では、米国人の53%が合法化に賛成した。

  • ロシア疑惑とコミー・メモ(2017年07月16日 朝刊)

    米大統領選さなかの2016年7月、共和党のトランプ氏と争った民主党のクリントン前国務長官の陣営がハッキングされ、メールが流出した。FBIはロシアが関与したとみて捜査を開始。トランプ陣営幹部の関与や資金の流れに捜査を拡大させた。大統領に就任したトランプ氏は5月、捜査を指揮するコミーFBI長官を突然解任。その後、トランプ大統領との面会の内容を詳細に記録したコミー氏のメモの内容が、ニューヨーク・タイムズ紙に報じられた。コミー氏は6月の上院公聴会でメモに基づいて証言。トランプ氏がフリン前大統領補佐官の捜査について「やり過ごしてほしい」と捜査中止を要求したほか、自らへの忠誠を求めたことを明らかにした。

  • ロシア疑惑とコミー・メモ(2017年07月16日 朝刊)

    米大統領選さなかの2016年7月、共和党のトランプ氏と争った民主党のクリントン前国務長官の陣営がハッキングされ、メールが流出した。FBIはロシアが関与したとみて捜査を開始。トランプ陣営幹部の関与や資金の流れに捜査を拡大させた。大統領に就任したトランプ氏は5月、捜査を指揮するコミーFBI長官を突然解任。その後、トランプ大統領との面会の内容を詳細に記録したコミー氏のメモの内容が、ニューヨーク・タイムズ紙に報じられた。コミー氏は6月の上院公聴会でメモに基づいて証言。トランプ氏がフリン前大統領補佐官の捜査について「やり過ごしてほしい」と捜査中止を要求したほか、自らへの忠誠を求めたことを明らかにした。

ニューヨーク・タイムズをコトバンクで調べる

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ