メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ヌスラ戦線

関連キーワード

  • ヌスラ戦線(2016年03月18日 朝刊)

    国際テロ組織「アルカイダ」に忠誠を誓うイスラム教スンニ派の過激派組織。2012年1月ごろにシリアで結成された。支配地域はイドリブがあるシリア北西部や北部に点在。実戦経験を積んだ戦闘員が多いため、ゲリラ戦に強いとされる。アサド政権や過激派組織「イスラム国」(IS)と敵対関係にあるが、反体制派の一部とは協力関係にある。米国や国連からはテロ組織に指定されており、米ロが呼びかけた停戦ではISと共に対象外となっている。

最新ニュース

[47]イン・ザ・サマータイム(2017/8/28)

8月15日(火) ベイルートは何としのぎやすいことか。待つのがここでの仕事だ。今日は日本は終戦記念日。だがこの地ではごく普通の日常が続いている。もっとも国境地帯では緊張が続いているようだ。レバノン軍が…[続きを読む]

写真

  • 過激派組織「イスラム国」の支配から解放されたシリア北部ラッカで17日、勝利を喜ぶシリア民主軍の兵士=ロイター
  • 緊張緩和地帯
  • シリア北西部イドリブ県で、化学兵器とみられる爆撃の犠牲者を悼む住民=アラー・ユセフさん提供
  • 7日、米軍にミサイル攻撃されたシリア中部ホムス近郊のシュアイラート空軍基地を視察するシリア軍幹部(国営シリア・アラブ通信提供)=AFP時事
  • <米大使、被害訴え> 5日に開かれた国連安保理の緊急会合で、米国のヘイリー国連大使が演説中に立ち上がり、シリア北西部で化学兵器とみられる空爆の被害を受けた子どもたちの写真を掲げた=AP。ヘイリー氏は「この写真から目を背けることはできない」と訴えた
  • 反体制武装勢力とアサド政権軍の間で激しい戦闘があったダマスカス東郊のジョバル地区。19日、空爆などで煙が立ち上がった=AFP時事
  • シリアの首都ダマスカスで15日、爆発で壊れた裁判所の玄関付近に立つ治安部隊の関係者ら=ロイター
  • 15日に爆発で壊れたダマスカス西部のレストランの様子。シリアの国営通信SANAが配信した=ロイター
  • アフラル・シャームのアフメド・カラアリ報道官=8日、アンタキヤ、メスット・クチュクアルスラン撮影
  • シリア内戦をめぐる各国、勢力の関係
  • シリア内戦をめぐる各国、勢力の関係
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ