メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ハリウッド

関連キーワード

  • ハリウッド(2009年10月28日 朝刊)

    ハリウッドが映画で栄えるようになったのは20世紀初め。当時の流行だった西部劇を作るうえで砂漠に囲まれ、冬の一時期を除きほとんど雨が降らない環境が最適だった。最近は全米各州だけでなく、隣国カナダや東欧もさまざまな優遇制度を設けて誘致に乗り出し、米国作品を他国で撮影する「ランナウェー・プロダクション」(逃避製作)という言葉も生まれた。

  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(2014年11月17日 朝刊)

    2001年3月、大阪市此花区に開業。「ジュラシック・パーク」などハリウッドの大作映画をテーマにした乗り物や、内外の人気キャラクターのショーを集めたテーマパーク。13年度の入場者数は、開業年度以来2回目の1千万人超えを記録した。季節イベントも多く、クリスマスシーズンには、ギネス世界記録に「電飾の最多数」と認定された36メートルの「光のツリー」が点灯する。関西圏の若者の一般的な呼び方は「ユニバ」。

  • 映画のデジタル配信・上映(2011年12月26日 朝刊)

    複製フィルムで配給する旧システムとは違い、デジタル化された映画をデータのまま映画館に配信して上映する。配信作品には違法コピーを防止する認証コードが与えられ、専用の受信機器を通さないと上映できない。利点は、配給会社側のフィルム複製費の削減や、3Dなどデータ量の多い映画の上映が容易な点など。米国ではユニバーサルやパラマウントなどハリウッド9社が導入し、すでに定着しつつある。

最新ニュース

◆5月9日◆映画「ありがとう、トニ・エルドマン」の試写会にご招待(2017/5/9)

 世界で40以上の賞を獲得し、第89回アカデミー賞では外国語映画賞にノミネートされたマーレン・アデ監督の最新作「ありがとう、トニ・エルドマン」。作品をみたジャック・ニコルソンが絶賛し、自ら主演でハリウ[続きを読む]

写真

  • 映画「ありがとう、トニ・エルドマン」から (c) Komplizen Film
  • 「カフェ・ソサエティ」
  • 間宮祥太朗『帝一の國』/photo:Nahoko Suzuki
  • 『サマンサ ミレニアル スターズ』来日イベントに参加した(左から)ソフィア・リッチー、ロッティ・モス、ケニヤ・キンスキー・ジョーンズ、サラ・シュナイダー (C)ORICON NewS inc.
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】旅行をもっと快適に!

    人気スーツケースはコレ

  • 【&TRAVEL】ホテルでGWを楽しもう

    連休限定サービスも〈PR〉

  • 【&M】家電メーカーと協業ドルガバ

    ミラノの国際家具見本市

  • 【&w】コーネンキなんてこわくない

    横森理香さんインタビュー

  • ブック・アサヒ・コム斎藤環が相談に回答

    向かいに住む夫婦が変?

  • WEBRONZA福井晶一さんインタビュー

    『レ・ミゼラブル』主役3回目

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ