メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

バリアフリー

関連キーワード

  • バリアフリーとユニバーサルデザイン(2008年12月05日 朝刊)

    バリアフリーは、障害のある人が社会生活をするうえでのさまざまな障壁(バリア)を取り除くこと。ユニバーサルデザインは、障害の有無や年齢、性別などにかかわらず多様な人が利用しやすいように都市や生活環境をデザインする考え方。内閣府の表彰は02年度に始まり、施設整備や製品開発、推進・普及活動を対象に、ハード、ソフト両面から選考している。

  • 交通バリアフリー(2010年12月02日 朝刊)

    2000年に施行され、10年後(今年)までに1日5千人以上の利用者がある駅や空港などでバリアフリー化を進めることを目標に掲げた。駅では、JRなど交通事業者が行う場合と、自治体が都市整備などの一環として行う場合があり、JRが事業主体となった際には、費用をJRと国、自治体が3分の1ずつ負担する。JR東日本新潟支社によると、1日の乗降客数が5千人以上の駅は県内に16あり、このうち10駅でバリアフリー化を完了し、3駅が工事中。残るのは1日の乗降客数約8千人の新発田駅のほか、内野(計画中)と加茂の2駅となっている。

  • 長期優良住宅の認定基準(2009年08月27日 朝刊)

    劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画の九つ。具体的には、建築基準法の1・25倍の耐震性、一定の面積(一戸建て75平方メートル以上、共同住宅55平方メートル以上)などを求めている。

最新ニュース

写真・図版

岐阜)子育てママらが運営するカフェが羽島市にオープン(2017/10/22)

 羽島市の不二羽島文化センター1階に、小さな子どもと一緒に気軽に利用できるカフェ「ミセルマムマム」がオープンした。今年3月まで別の喫茶店が入っていたが、撤退。新たな事業者を募集していたところ、市内の子…[続きを読む]

バリアフリーをコトバンクで調べる

写真

  • カフェの中にキッズスペースが設けられている=羽島市竹鼻町丸の内6丁目
  • (左から)有馬隼人、堀潤
  • 漁船の数は以前に比べ大幅に少なくなったという=尾鷲市須賀利町
  • 聴衆の質問に耳を傾ける垣内俊哉さん=中津川市の東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホール
  • 聴衆の質問に耳を傾ける垣内俊哉さん=中津川市の東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホール
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ