メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

バルセロナ

関連キーワード

  • ユーロサイエンス・オープンフォーラム(2008年08月08日 朝刊)

    欧州の統一的な研究体制を推進するため、04年にストックホルムで第1回会議を開催。2年ごとに開かれ、バルセロナでの第3回会議には約4千人が参加。幹細胞研究、地球温暖化対策、脳科学などのテーマについて議論した。

  • プラチナ世代(2015年03月06日 朝刊)

    早くから才能の高さを注目され、2009年U17(17歳以下)W杯に出場した(1次リーグ3戦全敗)。20歳になる年に迎えた12年ロンドン五輪は、宇佐美貴史と杉本健勇が代表に選ばれたが、主力にはなれなかった。五輪とは、年齢の巡り合わせもよくなかった。14年ブラジルW杯メンバーには誰も手が届かなかった。海外クラブ所属選手には、小野裕二(ベルギー・スタンダール・リエージュ)、宮市亮(オランダ・トウェンテ)がいる。他国選手では、昨年のW杯で活躍したブラジルのFWネイマール(スペイン・バルセロナ)、ドイツのMFマリオ・ゲッツェ(独・バイエルン・ミュンヘン)も1992年生まれだ。同じように好選手が集まり、99年のU20W杯(当時世界ユース選手権)で準優勝した世代は、「黄金世代」と言われる。小野伸二、稲本潤一(以上札幌)、高原直泰(相模原)が中心。その後も順調に成長し、W杯でも活躍した。今季も小笠原満男(鹿島)、遠藤保仁(ガ大阪)らがJ1でプレーする。

  • モバイル・ワールド・コングレス(MWC)(2014年02月25日 朝刊)

    「数年後の携帯通信業界を占う重要な場所」とされる携帯電話関連の世界最大の見本市。毎年、スペイン・バルセロナで開かれており、今年は24〜27日に開催する。多くの機能を持つスマートフォンの急速な普及で注目度が高まっており、約7万人の来場が見込まれている。今回は世界の通信会社や携帯メーカー、インターネット関連のコンテンツ(情報の内容)大手など約1700社が出展。新興国の通信会社やメーカーが年々、存在感を増している。MWCは、通信の技術やサービスにより軸足を置いているのが特徴だ。

最新ニュース

中国の成都ハイテク区が世界のイノベーション・ネットワークへの統合を加速化(2018/1/16)

中国の成都ハイテク区が世界のイノベーション・ネットワークへの統合を加速化AsiaNet 71886 (0116)【成都(中国)2018年1月15日PR Newswire=共同通信JBN】マクロン・フラ…[続きを読む]

写真

  • リバプールに敗れ、今季初黒星を喫したマンチェスター・シティーの選手たち=14日、リバプール(AP=共同)
  • 谷亮子氏
  • アキラトアリキノアラタナアリタ 現代陶芸としての有田焼
  • バルセロナのサポーターに手を振るコウチーニョ=AFP時事
  • コウチーニョ=AP
  • 就任式
  • トットナムのケイン=AFP時事
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ