メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

パレスチナ

関連キーワード

  • パレスチナの分裂(2011年04月29日 朝刊)

    2006年1月の自治評議会(国会に相当)選挙で過半数を獲得したハマスが単独政権を発足させた。欧米諸国は、ハマスに武装闘争を放棄するよう迫ったが、ハマスは拒否した。イスラエルによる経済制裁などで財政難に陥ったハマス政権は、サウジアラビアの仲介で07年3月、アッバス自治政府議長率いるファタハと連立内閣を発足させたが、治安権限などを巡って衝突。ハマスは同6月、ガザを武力制圧した。以来、ハマスはガザを、ファタハはヨルダン川西岸を分割支配する状態が続いている。

  • パレスチナ和平交渉(2014年04月30日 朝刊)

    イスラエルが1967年の第3次中東戦争で占領したガザとヨルダン川西岸の両地区内にパレスチナ国家を樹立し、イスラエルと共存させる交渉。93年のオスロ合意を受け、パレスチナの暫定自治が始まった。イスラエルが占領地から撤退するかわりに、アラブ諸国がイスラエルを受け入れることをめざす。国境画定や聖地エルサレムの帰属、パレスチナ難民の処遇が主な争点。

  • パレスチナ自治区ガザ(2011年05月29日 朝刊)

    東西10キロ、南北40キロ程度の土地に約150万人が暮らす。イスラエルによる境界封鎖などで産業が破壊され失業率は37%(2010年下半期)に達している。07年からイスラム組織ハマスが実効支配。別の組織ファタハが拠点とするヨルダン川西岸とでパレスチナは分断状態になった。今月に入りハマスとファタハが和解に合意、統一政権発足に向けた協議が進んでいる。

最新ニュース

ガザに起業の種まきを 日本の若者ら支援コンテスト(2017/8/16)

 パレスチナ自治区ガザの若者たちに希望の種を――。イスラエルとの度重なる戦闘で荒廃し、失業率が世界最悪レベルのガザで起業を支援しようと、日本の若手社会人らが12~14日、現地でビジネスコンテストを開催[続きを読む]

パレスチナをコトバンクで調べる

写真

  • ビジネスコンテストの優勝チームのメンバーと試作品=14日、ガザ、ファイエズ・ムハンマド撮影
  • ビジネスコンテストの優勝チームのメンバーら=14日、ガザ、ファイエズ・ムハンマド撮影
  • アルジャジーラのムスタファ・スアグ報道局長代理=6日、ドーハ、渡辺淳基撮影
  • 「日本は『平和ぼけ』と言われますが、それでいい。こんなに素晴らしいことはない」=イラク北部アルビル、杉本康弘撮影
  • アルジャジーラのムスタファ・スアグ報道局長代理=6日、ドーハ、渡辺淳基撮影
  • 核兵器の廃絶を求めて訴え続ける藤森俊希さん=長野市
  • 庭野平和賞を受賞したムニブ・A・ユナンさん=下京区
  • トランプ大統領の入国制限政策に反対しロンドン市内でポスターを掲げて抗議する人たち=2017年1月30日、Sipa via AP Images
  •   
  • 中東の地図
  • 講演するモナ・ハトゥムさん=広島市現代美術館
  • エルサレム旧市街で27日、イスラム教の聖地敷地内で約2週間ぶりの礼拝に向かうイスラム教徒=渡辺丘撮影
  • 25日未明、エルサレム旧市街の聖地入り口に設置された金属探知機を撤去する警官たち=AP
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ