メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ヒスパニック

最新ニュース

写真・図版

トランプ氏、危機対応「演出」 米ハリケーン被災地を再訪(2017/9/4)

 トランプ米大統領は2日、ハリケーン「ハービー」で深刻な洪水被害が起きた南部テキサス州などの被災地を再び訪れた。4日前の訪問では被災者に会わず批判されたが、今回は避難所を訪れ、黒人やヒスパニックの被災…[続きを読む]

関連キーワード

  • オバマ米大統領の新移民政策(2012年06月18日 朝刊)

    米国内の不法移民のうち、16歳までに入国▽現在30歳未満▽5年以上米国に居住▽米国の高校を卒業するか米軍や沿岸警備隊の勤務経験がある人については、国外退去処分の対象から外す。米国内での就労も可能にする。AP通信によると約80万人が恩恵を受け、多くはヒスパニックだ。

  • 米国のカトリック信者(2015年09月29日 朝刊)

    建国以来、プロテスタントが主流を占めてきた米国だが、AP通信によると、人口の約4分の1にあたる約6800万人がカトリック信者。世界で4番目に多い国だ。国内で急増するヒスパニック系が、今では信者の約4割。一方、神父らによる児童への性的虐待事件などを理由に教会を離れる人も相次いだ。歴代大統領でカトリック信者はケネディ氏1人だが、連邦議員の約3割が信者。政治的要人も増えている。法王の連邦議会演説の際、後ろの壇上に並んだバイデン副大統領、ベイナー下院議長はどちらも熱心な信者として知られる。

写真

  • 昼食を配るトランプ大統領とメラニア夫人(中央)=2日、ヒューストン
  • ハリケーン「ハービー」の被災者が集まる避難所に設けられた理髪所。ボランティアが運営する=1日、ヒューストン、香取啓介撮影
  • ハリケーン「ハービー」の被災者が集まる避難所に設けられた理髪所。ボランティアが運営する=1日、ヒューストン、香取啓介撮影
  • 音楽と政治をめぐって話題になった例
  • 白人民族主義団体の行進に参加していたタンクトップ姿の女性は、独ナチスのシンボルであるハーケンクロイツ(カギ十字)のタトゥーを脇に入れていた=4月29日、ケンタッキー州パイクビル、金成隆一撮影
  • 白人至上主義団体側の男が車で突っ込み、反対派の集まりに参加していた女性ヘザー・ヘイヤーさんが犠牲になった現場。事件から10日が過ぎても訪れる人の姿が途切れなかった=22日、バージニア州シャーロッツビル、金成隆一撮影
  • 音楽と政治をめぐって話題になった例
  • 特別養護老人ホームで高齢者とボール遊びをするフィリピン出身の菊入ノルマさん(右)=6月23日、東京都江戸川区、角野貴之撮影
  • 日本の外国人労働者
  • 写真① 山あいの街に集結した白人民族主義のグループ。武装しているメンバーも多かった=4月29日、ケンタッキー州パイクビル、金成隆一撮影
  • アリ・ムーアさん
  • グラフィック・鈴木愛未
  • 地球の音を聞く女性の像。小鳥や象の鳴き声や風の音がスピーカーから流れてくる=パームスプリングス、平山亜理撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ