メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

フロンティア2.0

 米西海岸は、19世紀の西部開拓時代から米国の「フロンティア」でした。その時代が「フロンティア1.0」であったとすれば、米カリフォルニア州のシリコンバレーはいま「2.0」の時代を迎えています。アップルやグーグルといった世界中の人々の生活を変えた企業が集まったこの地域。新しい企業やサービスが、人の暮らしや働き方、価値観などにどのような影響を与えているのか。米西海岸を中心に「フロンティア」からの報告をお届けします。
 コラムをまとめた「シリコンバレーで起きている本当のこと別ウインドウで開きます」(朝日新聞出版)も発売中です。

写真・図版

(フロンティア2.0)セクハラ・技術盗用疑惑…ウーバー、大丈夫? (2017/6/14)

配車アプリで世界中で利用者を広げているウーバー・テクノロジーズ(ウーバー)の経営陣が、深刻な問題を突きつけられている。不法ソフトの使用、社内のセクハラ、グーグルからの技術盗用疑惑など、次から次へと問題が表面化。評価額680億ドル(約7兆5…[続きを読む]

宮地ゆうの最新ニュース一覧

プロフィール宮地 ゆう(みやじ・ゆう)

朝日新聞記者。鹿児島、山口総局、東京社会部、GLOBE編集部、国際報道部兼経済部を経て現職。海に沈む戦争の記録、人を描くこと、舞台や映画も。

!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ